オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

くるりの新曲『東京オリンピック』は今年1番のぶっ飛んだ曲【感想・レビュー】

衝撃的だった くるりの新曲が衝撃的だ。タイトルは「東京オリンピック」。タイトルもおかしい。衝撃的。しかし衝撃的なのはタイトルだけではない。曲そのものがすごい。すごいぞくるり。 自分がこの曲を初めて聴いたのはライブだ。日比谷野外音楽堂で行われ…

きのこ帝国をメジャーデビューで見切った人は今のきのこ帝国をすぐに聴くべき

きのこ帝国を聴かなくなった人も多い きのこ帝国は2017年で結成10年目になるバンド。少し変なバンドでもあるきのこ帝国。同世代で活躍しているバンドはたくさんいるが、同世代のバンドとは明らかに違う音楽性で目指している方向性も違うバンドだと思う。 元…

チャットモンチーがガールズバンドに革命を起こした部分について

チャットモンチーが完結してしまう チャットモンチーは日本のロックシーンに多大な影響を残した。メジャーシーンで活躍するガールズバンドのあり方として革命を起こした。これについて異論は認めたくない。人気もあったし評価もされていたとは思う。でも、個…

でんぱ組.incの新曲『おやすみポラリスさよならパラレルワールド』が凄い曲だから聴いてくれ【感想・レビュー】

とにかく聴いてくれ でんぱ組の新曲が素晴らしい。『おやすみポラリスさよならパラレルワールド』というタイトルの新曲。この曲は新境地を開拓したと思う。それはでんぱ組にとっての新境地でもあり、アイドルソングとしての新境地でもあると思う。J-POPとし…

〈ライブレポ〉フジファブリックの「帰ってきた三日月ADVENTURE」ツアーの千秋楽がすっげーヤバい

すっげーヤバイ 2月から行われているフジファブリックのライブツアー。「帰ってきた三日月ADVENTURE」。このツアー、ヤバいのだ。初日公演のレポートを書いた際は、このライブがどれだけ「ヤバい」ライブだったのかを説明した。 関連記事:〈ライブレポ〉フ…

菅田将暉が茜色の夕日を歌うことにフジファブリックのファンが思うこと

別にいいじゃん? フジファブリックのファンの間で賛否両論になっていることがある。菅田将暉がフジファブリックの「茜色の夕日」を1stアルバムでカバーしたことだ。もしかしたら否定的な意見の方が多いのかもしれない。菅田将暉のカバーに否定的な人は、作…

SHISHAMOの新曲「水色の日々」を小林武史がプロデュースした結果・・・・・・

SHISHAMOの大躍進 正直、SHISHAMOがこれほど売れるとは思ってはいなかった。デビュー時から個性もあったしメロディもキャッチーだった。注目はされるだろうなと思ってはいた。でもね、紅白歌合戦に出るほどの人気と知名度を獲得するなんて全く想像もしていな…

弾き語りの3種類のパターンに分けられる~トーキョーギタージャンボリー~〈ライブレポ〉

こんな音楽イベントは他にはない 本当に素晴らしかった。そして、他では体験することができないであろうコンセプトだった。先日自分が行ったライブのことだ。 『TOKYO GUITAR JAMBOREE ~YOUNGBLOOD~』というライブイベント。このイベントの特徴はアリーナ…

レミオロメンが好きだった

3月9日 2004年3月9日。もう14年前だ。レミオロメンの知名度を上げるきっかけにもなった代表曲「3月9日」の発売日。もう14年前。その年に生まれた子供はもう中学2年生ですよ。 アラサーには受け入れ難い現実かもしれないが、今の学生はレミオロメンの事を知ら…

たこ焼きのラブソングを聴いて大塚愛を天才だと思った~たこやきレインボー『卒業ラブソディ』~ 【感想・レビュー】

最近よく勧められるので 「たこやきレインボー聴いてくださいよ!」 「たこ虹はもっと評価されても良いと思うんですよ!」 「たこ虹のCD買ってよ!」 などなど、何故か最近たこやきレインボーを勧められることが多い。むしろ脅迫に近い。アイドルオタクとい…

星野源の新曲『ドラえもん』はアニメソングとしてはどうなの?【感想・レビュー】

星野源が憎たらしい ここ数年の星野源が憎たらしくて仕方がない。良い音楽をやっていることはわかっている。自分も好きな曲がたくさんある。しかし、『SUN』をリリースしたあたりから憎たらしいのだ。その頃から俳優としても歌手としても「国民的」と言える…

アイドルネッサンスを見限ったソニーの大人を見返してやりたかった

売れなければ解散する 2017年2月24日。アイドルネッサンスというグループが解散する。 アイドルネッサンス運営より皆様への大切なお知らせ プロジェクト立ち上げから約4年半、初ライブより3年8ヶ月、皆様に支えられながら活動を続けてきましたアイドルネッサ…

くるりの新曲『その線は水平線』が変だ【感想・レビュー】

最近は活動がスローペースなくるり キャリアを重ねると活動がスローペースになるバンドって多い。そりゃあ若い時と同じペースで活動するには体力も必要だし難しいのかもしれない。くるりもだんだんと活動が年々少なくなってきたと思う。 新曲はリリースして…

【ネタバレだらけ】私立恵比寿中学「劇場版 EVERTYTHING POINT -Other Edition-」映画の感想

もう観ることができない作品 2月11日から2月17日まで新宿ピカデリーにて1週間限定で上映された「劇場版 EVERTYTHING POINT -Other Edition-」 この映画は私立恵比寿中学のライブツアーに密着したドキュメンタリー。毎年Blu-rayでリリースされていて、去年の1…

【アルバムレビュー】Sexy Zone 『XYZ=repainting』ジャニオタじゃない男が書く感想とおすすめポイント

1曲も知らなかった 去年リリースした嵐のアルバムがとても良くて。それについても記事にしたのですが、想像以上の方々に読んでいただけて嬉しかったです。 ジャニオタじゃない男ですが嵐の新譜『untitled』が凄かったのでレビューしました。音楽好きは聴いた…

back numberが嫌い ~バンドが売れた理由を考察~

自分のことではないです ここ最近「back numberが嫌いだ」という内容の個人のブログやネット記事を何件か見つけた。ここ数年で頭角を現したバンドでは最も売れているであろうバンド。ファンも多いがアンチもいるだろう。ビートルズにすらアンチがいるわけだ…

〈ライブレポ〉フジファブリックの「帰ってきた三日月ADVENTURE」ツアーがヤバい

ヤバい あらかじめ言っておく。この記事に内容はない。ただひたすら「ヤバい」と言い続けるだけの記事だ。フジファブリックのライブの感想を「ヤバい」と語彙力低めの表現で言い続けるだけだ。フジファブリックのファン以外はほかの記事を読んでもらいたい。…

エビ中松野莉奈の一周忌で想う事

2月8日 正直、ここ最近のエビ中を観ても松野莉奈を思い出すことは少なかった。今のエビ中があるのは松野莉奈が居た時代があってこそではあるとしても。それは忘れたとかどうでも良いという意味でない。それはメンバーはずっと前を向いて活動をしているからだ…

〈ライブレポ〉大森靖子は弾き語りライブをやるつもりではないのかもしれない -『超歌手大森靖子MUTEKI弾き語りツアー』@中野サンプラザ-

圧倒された 大森靖子のライブを観ると毎回そうなんだ。そのパフォーマンスに圧倒される。曲の終わりに拍手をすることができなくなってしまう。それは決して演奏が悪いというわけではない。凄すぎて拍手すらできないぐらいに圧倒されるのだ。特に大森靖子が弾…

<ライブレポ>なぜクリープハイプは「懐かしい曲も歌うから」というタイトルで過去を振り返るツアーを行っているのか?

クリープハイプ、変わったよね どのバンドでも言われることかもしれない。「あのバンド変わったよね」という言葉。これをファンから言われるタイミングはいくつかあると思う。 ・メジャーデビューしたタイミング ・売れたタイミング ・新しい挑戦をした時 こ…

ザ・フーパーズのヴァンパイアキスは何故グループのコンセプトを見事に表現できたのか

凄いライブだった 先日、すごいライブを観た。ザ・フーパーズというグループのライブ。どれだけ凄かったかはライブ観覧後の記事にも書いたのだが、パフォーマンスのクオリティがとてつもなく高かったのだ。 関連記事:男だけどザ・フーパーズのライブでイケ…

有安杏果を嫌いにならないで

有安杏果さん、あなたを嫌いになりました ももいろクローバーZの有安杏果の脱退について書かれたファンのブログが話題になっていた。「有安杏果さん、あなたを嫌いになりました」というタイトル。 個人的に意外だったことは、ももクロファンがこのブログの内…

「CDショップ大賞」は趣旨がブレブレでも音楽業界に必要不可欠な理由

2018年で10回目です 「本屋大賞」という文学賞がある。これは書店で働いている従業員が「おもしろかった」「おすすめしたい」という本を選んで投票し、受賞作品を決める文学賞だ。”大人の事情”が介入しないため、他の賞レースとは違う結果や意外な作品が受賞…

男だけどザ・フーパーズのライブでイケメンにときめいた

知らないアーティストのライブで感動した 音楽のコンサートやライブへ行く人は、基本的に自分が好きなアーティストのライブへ行くと思う。曲も知っていてメンバーの顔も名前も知っているアーティスト。知らないアーティストのライブにわざわざ行こうとはあま…

廣田あいかはエビ中を辞めてもアイドルは辞めない 〜武道館ライブ「私立恵比寿中学迎春大学芸会 ~forever aiai~」感想とライブレポ〜

8人のエビ中、最後のステージ 自分の中で「これは観ることができて本当に良かった」と心の底から思うライブがある。それはパフォーマンスが素晴らしかったりセットリストが自分好みだったりと様々な理由がある。 1月3日。自分の中で「観ることができて本当に…

でんぱ組.incの新メンバーがファンに拒否されグループ自体も失望されるのは当然だけれど

アイドルグループの新メンバー加入は珍しくはない アイドルグループへの新メンバー加入は、どんなグループでも賛否両論になるイメージがある。それは誰が加入したとしても。例えば脱退したメンバーの”補充”としての加入だとしても、脱退したメンバーがいた歴…

オトニッチ的2017年度楽曲大賞ベスト20 ~ 1位から10位の紹介と考察 ~

1位から10位までの紹介と考察です 前回は今年の個人的な楽曲大賞としてベスト11位から20位までを紹介しました。 関連記事:オトニッチ的2017年度楽曲大賞TOP20(前編) - オトニッチ-音楽の情報.com- 今度は1位から10位です。どれも名曲です。今年だけでな…

オトニッチ的2017年度楽曲大賞TOP20(前編)

20曲紹介します 前回の記事では2017年に聴いた邦楽のオリジナルアルバムで良かったものを10枚選びました。 関連記事:オトニッチ的2017年度邦楽アルバム大賞TOP10 - オトニッチ- 今回は2017年にリリースされた楽曲で特に個人的に良いと感じたものを20曲選び…

オトニッチ的2017年度邦楽アルバム大賞TOP10

2017年も終わりますね もう今年も終わりですよ。早いですね。ドン引きですよ。早すぎて。今年はなんとなく始めようと思ってブログを書き始めたのですが、自分の想像以上に多くの方に読んでいただけて嬉しかったです。 年末になると音楽雑誌で行われる『今年…

フジファブリック志村正彦が奥田民生を泣かせた日について

行きたくないライブは初めてだった 2009年12月28日。自分は幕張メッセにいた。毎年年末は幕張メッセで開催される、カウントダウンジャパンという音楽フェスに参加していた。4日間開催されるイベントで、暇な学生だった自分は4日間毎日参加していた。毎年楽…