オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

関ジャム 完全燃SHOW『売れっ子プロデューサーが選ぶ2019年 年間ベスト10』選ばれた曲一覧

テレビ朝日系列『関ジャム 完全燃SHOW』の企画『売れっ子プロデューサーが選ぶ2019年の年間ベスト10』に参加していたいしわたり淳治、蔦谷好位置、mabanuaが選んだベスト楽曲をまとめました。 蔦谷好位置 10位 RIDING ON TIME / YOSHI 9位 東へ西へ / iri 8…

スピッツ 草野マサムネのロック大陸漫遊記『2019年に気になった曲』でマサムネが選んだ楽曲一覧

東京FM『草野マサムネのロック大陸漫遊記』で放送された『草野マサムネが2019年に気になった曲』の特集で選ばれた楽曲をまとめました。 Not Running / The Beths WLC(We Love Comic) / SACHIKO by MAISON ”SEEK” Alleviate / Leprous 猿上がりシティーポッ…

映画ラストレターの主題化・森七菜『カエルノウタ』が素晴らしかったので不服ながら小林武史を好きになった(感想・レビュー・評価)

聴き惚れてしまった 彼女の歌声に聴き惚れてしまった。顔にも見惚れてしまうわけだが、それ以上に繊細で透き通った歌声に魅力を感じた。 カエルノウタ 森七菜 J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes 『カエルノウタ』という楽曲を歌う森七菜の歌声が素晴ら…

歌詞に「ラブホテル」が出てくる曲は名曲

18禁なハッシュタグ #ラブホあるある このハッシュタグがTwitterのトレンド入りしていて驚いた。 Twitterは中高生の未成年も利用している。ラブホに行ったことがない人もいる。行く機会がない人もいる。 教育上良くないハッシュタグかもしれない。中高生にラ…

すとぷり『すとろべりーねくすとっ!』を聴いたら不覚にも泣いてしまった (感想・アルバムレビュー・評価・歌詞)

すとぷりのことはよく知らない すとぷりが何なのかを、自分はよく理解していない。 アニメでもないらしいし、ゲームキャラでもないらしい。Wikipediaで調べたら動画投稿者と書かれていたが、YouTuberでもなさそうだ。 何者かは調べてもわからなかったが、ど…

King Gnu は『CEREMONY』で新しいJ-POPシーンを作ろうとしている(感想・アルバムレビュー・評価)

今が旬のバンドの話題作 2019年のKing Gnuの勢いは凄かった。たった1年で日本の音楽シーンの中心に喰い込んできた。Mステや紅白白歌合戦に出演し誰もが知る存在になった。 今最も注目されているバンドの1つになったKing Gnu。このタイミングで最新アルバム…

【ライブレポート・感想】SUPER BEAVER 都会のラクダ “ホール&ライブハウス+アリーナ”TOUR 2019-2020 ~スーパー立ちと座りと、ラクダ放題~ @ 国立代々木競技場第一体育館

初めて観たSUPER BEAVERのワンマン 「次はライブハウスで会いましょう」 いわゆる「邦ロックバンド」というものにカテゴライズされるバンドが、音楽フェスに出演した時に言いがちなこのセリフ。 自分はこのセリフが、あまり好きではない。どれだけ良いライブを…

「戦争にはちょっと反対さ」と歌う曽我部恵一『ギター』という曲の歌詞を聴いて思ったこと

曽我部恵一の『ギター』 この歌を聴いた時、衝撃を受けた。歌詞が頭から離れなくて、胸がざわついた。そんな気持ちは初めてだった。 戦争にはちょっと反対さ ギターを弾いている 曽我部恵一の『ギター』という楽曲を初めて聴いた時の話だ。 ギター (Live) 曽…

木村拓哉『Go with the Flow』はリスペクトに溢れたアルバムだった(アルバムレビュー・感想・評価)

歌のない『Flow』を1曲目にする必要性 木村拓哉のソロアルバム『Go with the Flow』の1曲目を聴いて驚いた。 この曲は小山田圭吾が提供した楽曲。日本だけでなく世界中でリリースやライブをして評価されているアーティスト。 『Flow』というタイトルの曲。…

こぶしファクトリーを先週好きになったばかりなのに活動終了し解散しちゃう件

先週興味を持ったばかりなんだけど? こぶしファクトリーの存在自体は知っていた。 でもメンバーの名前も知らなかったし、顔も覚えていない。曲は『ラーメン大好き小泉さん』しか知らなかった。 1回だけライブを観たことがある。『TOKYO IDOL FESTIVAL2016…

眉村ちあきの『劇団オギャリズム』は心の底から売れて欲しいと思う(アルバムレビュー・感想・評価)

眉村ちあきはイロモノではない 「眉村ちあきの音楽は良いぞ」と自分は言い続けてきた。でも知名度は上がっているはずなのに、音楽の魅力をなかなか伝えきれなかった。身近な人に言っても。Twitterでツイートしても。 それも当然かもしれない。眉村ちあきの音…

NUMBER GIRLのライブで『IGGY POP FAN CLUB』を聴いたら泣きそうになった(ライブレポート・感想)

NUMBER GIRLとの出会い 『パレード静岡川合店』という地元のお店によく行っていた。 品揃えの偏り方が面白いお店だった。普通の本屋で売っていないようなアラビア語の本や、使い方も需要もわからない謎の雑貨が売っていたりと。 ニッチな方向に偏りすぎてい…

紅白出場バンドのキンモクセイが活動再開してアルバムも発売したのに注目されていない件

宮崎あおい 宮崎あおいは好きだろうか? この質問に「嫌い」と答える人は、この先は読まなくても構わない。黙ってパソコンやスマホのブラウザを閉じてくれ。 そもそも宮崎あおいを嫌いな人が存在するとも思えないが、嫌いな人とはこの価値観は共有できない。…

香取慎吾の『20200101』が名盤だと思う理由について(感想・アルバムレビュー・評価)

2020年に相応しい最先端のポップス 香取慎吾の『20200101』という初のソロアルバム。タイトルは『ニワニワワイワイ』と読む。 この作品を聴いて、香取慎吾は最先端のポップス作品を完成させたと思った。これは大袈裟な表現をしているわけではない。過大評価…

東京事変の新曲『選ばれざる国民』の感想を語ろうと思ったら最終的に東京事変への苦情になってしまった...(楽曲レビュー・評価)

これが東京事変だと思った 2020年1月1日。東京事変の「再生」が発表された。2012年に解散した東京事変の8年ぶりの再始動。東京事変のファンだけでなく、多くの音楽ファンが話題にして喜んでいた。 活動再開と同時に新曲が配信リリースされた。『選ばれざる国民…