オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

アーティスト名別・五十音記事検索

あ行 あ い う え お か行 か き く け こ さ行 さ し す せ そ た行 た ち て と な行 な に ね の は行 は ひ ふ へ ほ ま行 ま み め も や行 や ゆ よ ら行 ら り る れ わ行 わ // あ行 あ aiko アイドルネッサンス あいみょん 赤い公園 秋山黄色 ACIDM…

【ライブレポ・セットリスト】クリープハイプ『大丈夫、一つになれないならせめて二つだけでいよう』@ 東京ガーデンシアター 2021.3.3 

大丈夫、一つになれないならせめて二つだけでいよう ステージに立ってどんな気持ちになるんだろうと思ってたけど。嬉しいという気持ちだけでなく、悔しいという気持ちもあります。 お客さんの前でやれる喜びはあるけれど、中止になったライブの悔しさも忘れ…

2021年2月に聴いた音楽アルバムで特に好きな作品 10選

2021年2月に聴いた音楽アルバムで、自分が特に好きな作品10枚をまとめてみた。 基本的に鬼POP劇キャッチーなわかりやすい音楽が好きだ。もし鬼POP劇キャッチーな音楽が好きな人は、趣味が合うと思うので参考にしてもらえたらと思う。 紹介する順番はランキン…

小林私の初のバンドセットライブのライブレポをリアルサウンドに寄稿しました

最近注目を集めつつある小林私。 そのワンマンライブのレポートをリアルサウンドに寄稿しました。ちなみにこのライブが初のバンドを従えてのライブ。 ライブパフォーマンスはまだ未熟な部分はあるが、光る才能を感じる素晴らしいアーティストだ。

【レビュー・感想】DISH//『X』は『猫』だけのバンドじゃないと気づかせてくれる名盤

『猫』は必要なのか? DISH//は最新アルバムに『猫』を入れるべきではないと思っていた。 これは曲が嫌いだからというわけでもない。むしろ名曲だと思っているし大好きな曲だ。 しかし楽曲自体はは2017年に発表されたもの。そして最新アルバム『X』に収録さ…

【レビュー・感想】indigo la End『夜行秘密』はBGMに向いていない不思議なアルバム

BGMにできない indigo la Endの『夜行秘密』は不思議なアルバムだ。 このアルバムはミドルテンポからスローテンポの曲が多い。音色の一つひとつにまで拘っているようで、聴いていて心地よい。ロックバンドとしてこの境地に辿り着いた事はすごいことだ。 しか…

 川崎鷹也『魔法の絨毯』の歌詞が嫌いな理由

川崎鷹也『魔法の絨毯』に怒る人たち お嫁さんがJ-pop top100みたいなプレイリストから流れてきた「僕にはお金も力もないけど君を守る」みたいな歌詞に対して、「じゃあいったい何をしてくれるのか何も見えてこない」という理由で怒っている。 — ジロウ (@ji…

【ネタバレあり】映画『あの頃。」を「あの頃」を知らないしハロオタでもない人間が観た感想

あの頃を知らない自分 自分は「あの頃」を知らない。 もちろん松浦亜弥の代表曲は知っているし、後藤真希などモーニング娘の人気メンバーの名前は知っている。 しかし当時の自分はテレビに出ることが多いアイドルとしか認識していなかった。 だから当時の自…

【ライブレポ・セットリスト】私立恵比寿中学 FC会員限定イベント『エビ中会員限定ファン感謝デー2021』第一部@パシフィコ横浜 国立大ホール 2021.2.21

エビ中会員限定ファン感謝デー2021 私立恵比寿中学にとって2021年最初のライブは、ファンクラブ会員限定のライブだった。 去年は生バンドを従えたライブを6本行っていたエビ中。凄腕のバンドを従えても負けない歌唱力とパフォーマンスで、さらにグループとし…

【レビュー・感想】Sexy Zoneは『RIGHT NEXT TO YOU』によって何かが変わりそうな気がする

Sexy Zoneがついに勝負をしかけてきた 新曲の『RIGHT NEXT TO YOU』を聴いて、Sexy Zoneがついに「海外進出」へ向けて本格的に動き出したとと思った。 彼らは「海外進出を視野に活動するため」という理由で11年所属したレーベルであるポニーキャニオンから、…

【ネタバレあり・感想】映画『すばらしき世界』を観て聴きたくなった音楽について

素晴らしき世界とすばらしき世界 素晴らしき世界 中村一義 ロック ¥255 provided courtesy of iTunes 中村一義に『素晴らしき世界』という楽曲がある。ハッピーで明るいことを歌っていそうなタイトルではあるが、それに反した内容の歌詞だ。 この曲は淡々と…

【レビュー・感想】中島愛『green diary』は声優やアニソンが嫌いは人にこそ聴いて欲しい

声優の音楽 声優の発声は独特だ。俳優ともアナウンサーとも違う。 「言葉をしっかり伝えること」が声優にとっては重要にも思う。 そのため滑舌には気を使っているようだし、文字の1つひとつをハッキリと発音している声優が多いと感じる。 それでいて演技をす…

【レビュー・感想】ずっと真夜中でいいのに。『ぐされ』が他の「夜行性」と違う部分について

ずとまよをYOASOBIやヨルシカと一緒にできない YOASOBIとヨルシカとずっと真夜中でいいのに。(ずとまよ)この3組をメディアは「夜行性アーティスト」とまとめて紹介することが多い。 そういえば20年ほど前は、斉藤和義と山崎まさよしと中村一義を「3よし」と…

『ポケットからきゅんです!」のひらめの歌詞について分析記事をリアルサウンドに寄稿しました

『ポケットからきゅんです!』だバズったシンガーソングライターひらめについての記事を、リアルサウンドに寄稿しました。 主に歌詞について注目した内容です。「オノマトペ」の使い方が絶妙で個性的な部分に注目してみました。 ぜひ読んでみてください。 ポ…

【ライブレポ・セットリスト】ALI 『LOVE, MUSIC AND DANCE 2021』第一部@SHIBUYA CLUB QUATTRO 2021.2.5

始めて観たALIのライブ ALIのライブを観た。とんでもないライブだった。 演奏の迫力に序盤から圧倒され、その勢いがラストまで落ちることなく続く感じ。演奏が上手いことはもちろんだが、メンバーのステージでの立ち振る舞いも完璧。 ほぼ全曲でラッパーのゲ…

2021年 注目の女性アイドルグループについての記事をリアルサウンドに寄稿&AWAにプレイリスト作成をしました

リアルサウンドに寄稿&AWAにプレイリスト作成をしました。 2020年後半から2021年にかけて大きなニュースがあったり、新しい挑戦をする女性アイドルを8組選び、その中から8曲選んでプレイリストを作りました。 普段女性アイドルを聴かない人にもグッとくるプ…

スピッツ『夢追い虫』の歌詞が捻くれ者の自分に響く理由

人と比べてしまうこと ロンドンブーツ1号2号の田村淳が『NewsCLUB』という自身のラジオで、リスナーから送られたメールでの相談に答えていた。 リストラされ職を失い家賃が払えなくなり、今は日雇い仕事でネットカフェ難民をして食い繋いでいる人の相談。周…

【ライブレポ・セットリスト】syrup16g 【SCAM:SPAM:SCUM:SLUM】 @新木場USEN STUDIO COAST 2021.2.3

1年越しの振替公演 2020年2月。自分はsyrup16gのライブを観に行くはずだった。 しかし新型コロナウィルスの影響で延期になってしまった。明日を落とすどころか、1年を落としてしまった気分である。 この写真は去年行われる予定だったものの、払い戻し対応が…

【ネタバレあり・感想】映画『花束みたいな恋をした』は大衆向け映画ではないと思う

ワンオクは聴けます 「ワンオクとか聴くのか?」 「聴けます」 「今度チケットとってあげるから2人でライブ行って来たらいいよ」 「はあ・・・・・・」 これは映画『花束みたいな恋をした』に出てくるシーンの一つ。主人公の山音麦とヒロインの八谷絹の父に…

2021年1月に聴いた音楽アルバムで特に好きな作品 10選

2021年1月に聴いた音楽アルバムで、自分が特に好きな作品10枚をまとめてみた。 基本的に鬼POP劇キャッチーなわかりやすい音楽が好きだ。もし鬼POP劇キャッチーな音楽が好きな人は、趣味が合うと思うので参考にしてもらえたらと思う。 紹介する順番はランキン…

【レビュー・感想】崎山蒼志『find fuse in youth』

崎山蒼志のメジャーデビュー 「メジャーに行って変わった」 これは多くのミュージシャンが言われた言葉だと思う。特にインディーズ時代から人気や評価を集めていた場合は、特に言われるだろう。 おそらく崎山蒼志に対しても「メジャーに行って変わった」と思…

洋楽のヒット曲をオマージュしてJ-POP・アイドルソングにしてしまう文化について

TEAM SHACHI『JIBUNGOTO』 TEAM SHACHIの新曲『JIBUNGOTO』を聴いて「なるほどな」と思った。洋楽のヒット曲にJ-POPとアイドルの要素をミックスさせるとこうなるのかと思った。 おそらくグラミーで年間最優秀楽曲賞と年間最優秀レコード賞を受賞し、世界的な…

【レビュー・感想】KID FRESINO『20,Stop it.』に対して個人的に感じた他のヒップホップと違う魅力

KID FRESINO『20,Stop it.』 自分はヒップホップについて、それほど詳しいわけではない。 好きなヒップホップアーティストはいるが、文化については理解できない部分や理解したくない部分も多い。 自分がヒップホップを聴くようになったきっかけは、RIP SLY…

「良い音」と「悪い音」の違いは何か?

YOASOBIの音色・音圧はショボいのか? アルバム通してちゃんと聴いた。この気恥ずかしさは嫌いじゃないんだけど、このビートの単調さと音色・音圧のショボさが世間で許容されてるのはちょっと信じたがたい。少なくとも家のスピーカーで聴く音楽じゃないです…

『ブルーハーツが聴こえない』を観て日比谷野音で過去に死亡事故があったことを知った

ブルーハーツが聴こえない ブルーハーツが聴こえない HISTORY OF THE BLUE HEARTS [DVD] アーティスト:ザ・ブルーハーツ 発売日: 2004/05/26 メディア: DVD 『ブルーハーツが聴こえない』というタイトルのドキュメンタリー作品を観た。THE BLUE HEARTSのデビ…

【ライブレポ・セットリスト】SUPER BEAVER『15th Anniversary 都会のラクダSP 〜 ラクダの決着、豊洲3本勝負! 〜』@豊洲PIT 2021.1.15

緊急事態宣言がある中でのライブ 「悪いことをしたいわけではないです。規則の中で遊んでいきましょうね」 2021年1月15日に東京・豊洲PITで行われたSUPER BEAVERのライブ。3曲目の『美しい日』を歌う前に、ボーカルの渋谷龍太はこのように話していた。 会場…

「男らしさ」や「女らしさ」について歌う音楽について思うこと

はじめてのチュウに感じる違和感 男らしさや女らしさについて、価値観が変わりつつある。というか今は性別による「らしさ」について再考するべきという時代の流れだ。 それに対して異論はない。むしろ賛成だ。 それによって苦しんだ人もいるだろうし、自分も…

【レビュー・感想】岡崎体育『劇場版ポケットモンスター ココ テーマソング集』を聴いて「ざまあみろwww」と思った

性悪ではない岡崎体育 岡崎体育は変わってしまった。 以前の彼は1人で音楽を作っていたし、孤独だった。 「僕ずっとメンバーが欲しかったんだ」と、布切れに話しかけ現実逃避するほどには仲間を求めて飢えていたようだが、それでもバンドに対して「ざまあみろw…

平手友梨奈と鞘師里保のソロ活動への期待についての記事をリアルサウンドに寄稿しました

ぜひ読んでください。

瑛人『すっからかん』のレビューをリアルサウンドに寄稿しました

瑛人の1stアルバム『すっからかん』のレビューをリアルサウンドに寄稿しました。 ネタにされがちなシンガーソングライターですが、メロディメーカーとしてのセンスや印象に残る言葉を描く才能はピカイチだと思います。 ↓瑛人の他の記事はこちら↓