オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

アーティスト名別・五十音記事検索

あ行 あ い う え お か行 か き く け こ さ行 さ し す せ そ た行 た ち て と な行 な に ね の は行 は ひ ふ へ ほ ま行 ま み め も や行 や ゆ よ ら行 ら り る れ わ行 わ // あ行 あ aiko アイドルネッサンス あいみょん 赤い公園 ACIDMAN 雨宮か…

JAPAN JAMが中止になったのにVIVA LA ROCKやMETROCKなどのフェスは中止にならないのか?

ライブや音楽フェスの中止 JAPAN JAM 2020 開催中止のお知らせ #JJ2020 https://t.co/7RR335YgRS — rockinon.com (@rockinon_com) 2020年4月3日 4月3日。JAPAN JAM2020の中止が発表された。 新型コロナウイルスが猛威を奮っている。日に日に状況は悪化してい…

森七菜が『オロナミンC』のCMで歌う『スマイル』を作詞作曲したホフディランについて知ってほしい

オロナミンCのCMの森七菜が良い 森七菜がとても良い。 そんなことは彼女を知る人ならば誰もが知っていることだ。演技も上手いしルックスも良いし声も良い。性格もたぶん良い。 つまり森七菜が良いことを改めて語る必要はない。みんな彼女が素晴らしいことは…

カネコアヤノの新曲『爛漫』は捻くれていて尖っている(歌詞・レビュー・感想)

少しでも光になれたら。一緒にがんばろう。 日付変わって、今日は『爛漫/星占いと朝』の発売日です。少しでも光になれたら。一緒にがんばろう。 pic.twitter.com/2kaDkMGgQl — カネコアヤノ (@kanekoayano) 2020年3月30日 両A面シングル『爛漫/星占いと朝』…

歴代『アニソン』おすすめの名曲を2001年〜2020年のリリース年・放送年度ごとに紹介する

2001年から2020年までの20年間の『アニメソング』の個人的なおすすめ曲をまとめました。 リリース年ごとに1曲ずつ紹介し計20曲紹介しています。21世紀に入ってから20年間の『アニメソング』を聴くことでで20年間のアニメシーンやアニソンシーンの振り…

ハンブレッダーズ『ライブハウスで会おうぜ』を聴いて思ったこと(歌詞・感想)

ライブハウスを知らない人ばかり 2月下旬にライブハウスの客で新型コロナウイルスの感染者が発覚した。 ライブハウスという場所が珍しかったのだろうか、他の場所で感染が発覚していても大きくは取り上げられず「ライブハウス」が中心にワイドショーで批判さ…

PEDROに加入したアインシュタイン稲田の『自律神経出張中』がアユニ・Dの歌よりも良いかもしれない(感想・レビュー・評価)

PEDROにアインシュタイン稲田が加入 PEDROはBiSHのアユニ・Dによるバンドプロジェクト。ギターはNUMBERGIRLの田渕ひさ子を従えていたりと、最高のオルタナティブロックを鳴らす本格的なバンドだ。決してアイドルのお遊びとは言えない。 4月1日。そんな本格的…

邦楽から影響を受けた台湾のバンドが多い件について

日本の音楽は台湾の音楽に大きな影響を与えているのではないかという仮説記事。 日本のバンドの影響をモロに感じる台湾バンドが意外と多いです。

TBSテレビ『CDTV ライブ!ライブ!』の良かった点と改善してほしい点について(感想・評価)

新しい音楽番組 『うたばん』が終わってから10年。『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』が終わってから8年。今では深夜帯以外の音楽番組はほとんどなくなってしまった。演歌や歌謡曲以外を扱う音楽番組で残っているのは『MUSIC STATION』ぐらいだ。 CDが売れない時…

【2020年】バズるかわからないけどオススメしたいインディーズバンド15組を紹介する

特別話題になっているわけでもない。有名な事務所や音楽プロデューサーがついているわけではない。だから売れるかどうかはわからない。そんなバンドにも良い音楽はある。 強い後ろ盾がないインディーズバンドでも、メジャーの人気バンドに負けないぐらい良い…

Sexy Zoneのレーベル移籍による海外進出は成功するのだろうか?

ユニバーサルミュージックへの移籍は成功すると思う Sexy Zoneのニューシングル「RUN」がジャニーズ事務所とユニバーサルミュージックが設立する新レーベルからリリースされることが決定した。 (中略) Sexy Zoneは今後、国内のみならず本格的な海外進出も視…

それでも世界が続くならというバンドについて

それでも世界が続くなら 売れるようなバンドではないと思う。 マイノリティなことをテーマに歌っているからだ。でも世の中に必要なバンドだとも思う。彼らの音楽を求める人も世の中にはいるのだと思う。 『それでも世界が続くなら』という名前のバンドの話だ…

乃木坂46の新曲『しあわせの保護色』の作曲者がゴリゴリのエレクトロニカアーティストな件(感想・レビュー・評価)

しあわせの保護色 乃木坂46の新曲『しあわせの保護色』が発売された。先日グループ卒業を発表した白石麻衣が最後に参加した曲だ。 明るい曲はアイドルと相性がいい。アイドルの持つ明るさやキラキラした空気感で楽曲の魅力を引き出してくれる。曲によってア…

春に聴きたい『桜ソング』おすすめの名曲を2001年〜2020年のリリース年ごとに紹介する

2001年から2020年までの20年間の『桜ソング』の個人的なおすすめ曲をまとめました。 リリース年ごとに1曲ずつ紹介し計20曲紹介しています。21世紀に入ってから20年間の『桜ソング』を聴くことでで20年間の日本の音楽シーンの振り返りもできるかと思い…

女性アイドル・女性アーティストの歌詞で一人称「僕」が多い理由を分析してみた

女性アイドルソングに多い一人称「僕」 先日このような記事を見つけた。 ネタ記事なので内容にツッコもうとは思わない。ユーモアがあって面白い内容だと思う。 ただ女性アイドルソングは一人称が「僕」であることが多いことを、ふと疑問に感じた。その理由に…

Kis-My-Ft2のアルバム『To-y2(トイズ)』を聴くと幸せな気持ちになる(感想・レビュー・評価)

音楽=おもちゃ 「おもちゃ箱をひっくり返したような」という表現はよく使われる。 音楽のアルバムを評価する時にも使われる。特に様々なジャンルの曲が収録されたバラエティ豊かなアルバムや華やかな音が使われた作品は、このように評価されることが多い。 …

岡村靖幸『愛はおしゃれじゃない』の歌詞を書いた小出祐介は変態(感想・レビュー・評価)

小出祐介さん、ごめんなさい 『愛はおしゃれじゃない』という曲が”だいすき”だ。この曲は岡村靖幸w小出祐介という名義でリリースされた。Base Ball Bearの小出祐介とのデュエット曲である。 しかし小出祐介が参加していることが疑問だった。”どぉなっちゃん…

いきものがかり『生きる』と『100日後に死ぬワニ』のコラボの疑惑について(歌詞・感想・レビュー・評価)

水野良樹はワニくんが死のうが生きようが関係なく『生きる』を作っていたのでは? ワニくんが死んだ。 彼の死を伝えたツイートは76万リツイートを超え、222万いいねを超えた。これは個人のツイッターアカウントのRT数といいね数の歴代最高記録らしい。 それ…

Mr.Childrenの映画ドラえもん主題歌『Birthday』を聴いて「ミスチルの根はサブカル」だと思った(感想・レビュー・評価)

ミスチルの根はサブカル? (吉田豪)鈴木おさむさんと秋元康さんの対談集を読んだ時に、秋元さんって、実は根はサブカルなんですよね。あの人は文化的なものがすごい好きで。好きな映画とかでも、ほぼ僕と丸かぶりなんですよ。邦画では『太陽を盗んだ男』が好…

ジャニーズWEST『W trouble (ダブルトラブル)』を聴いてジャニーズWESTは音楽的にも凄いことに気づいた(感想・レビュー・評価)

ジャニーズWESTのことを誤解していた ジャニーズはクイリティの高い楽曲が揃っているように思う。一流のクリエイターが揃っており、クリエイターにとっても自身の作品を発表する場でもあるからだ。 例えば嵐は国民的アイドルでありながら実験的な楽曲も制作…

DISH//北村匠海の歌う『猫』が素晴らしくて感動した(感想・レビュー・評価)

DISH//の『猫』が素晴らしい シングル曲でもアルバムのリードトラックでもなくとも、評価され知名度や人気が高まる曲もある。 SMAPの『オレンジ』や荒井由実の『ひこうき雲』もカップリング曲。DREAMS COME TRUE『うれしい!たのしい!大好き!』もカップリ…

Official髭男dismの『恋つづ』主題歌『I LOVE...』に残念ポイントはあるのか?(歌詞・レビュー・感想・評価)

残念ポイント? 2019年の日本の音楽シーンはOfficial髭男dismとKing Gunの年と言っても過言ではない。それほどにこの2組がヒットを飛ばしていた。その勢いは2020年になっても止まらない。 King Gnuは新作アルバム『CEREMONY』を大ヒットさせ、Official髭男d…

乃木坂46の新曲『I see...』が「SMAP感がある」と言われる理由を真剣に分析・考察してみた(歌詞・レビュー・感想・評価)

SMAP感があるとはどういうことなのか? 乃木坂46の新曲『I see...』が話題になっている。 この曲はシングル表題曲ではない。新曲『しあわせの保護色』のカプリング曲だ。知名度がある人気メンバーは参加していない曲なので話題性はそれほどないはずだった。 …

THE YELLOW MONKEY『未来はみないで』はイエモン第二章の集大成楽曲(歌詞・レビュー・感想)

『未来はみないで』を聴いて不思議な気持ちになった THE YELLOW MONKEYの新曲『未来はみないで』を聴いて不思議な気持ちになった。 演奏はシンプル。難しいことはしていない。ファンが趣味のバンドでカバーするとしても簡単にやれそうな演奏。ミドルテンポの…

DragonAsh『陽はまたのぼりくりかえす』に自分が衝撃を受けた理由(歌詞・レビュー・感想)

Dragon Ashの衝撃 Dragon Ashが『Let yourself go, Let myself go』をヒットさせた時は衝撃を受けた。自分が今まで聴いたことがない音楽だったからだ。 Let yourself go, Let myself go Dragon Ash オルタナティブ ¥255 provided courtesy of iTunes 同時期…

Saucy Dogは新曲『結』でスリーピースロックバンドとしてJ-POPに食い込もうとしている(歌詞・レビュー・感想)

勝負曲だと思った。 Saucy Dogの新曲『結』を聴いて、ファン以外の多くの人に響く勝負曲を完成させたと思った。大げさな話ではなく、あいみょんや髭男ぐらいのヒットを狙ってきているのではと感じた。 『いつか』というロックバラードがヒットしブレイクした…

THE BLUE HEARTS『青空』の歌詞に共感できない人が増えた方が良いのかもしれない

生まれた所や皮膚や目の色でいったいこの僕の何がわかるというのだろう 片平里菜がTHE BLUE HEARTSの『青空』をカバーしていた。 2月23日に行われた新作アルバムのリリースイベントでの出来事。前日のニュースでは日本人の新型コロナウイルス感染者が100…

関ジャム 完全燃SHOW “超一流アーティストがスゴいと思う「レジェンドアーティスト」”で紹介されたアーティスト&楽曲一覧

関ジャム 完全燃SHOW “超一流アーティストがスゴいと思う「レジェンドアーティスト」”で紹介されたアーティスト&楽曲一覧です。 スキマスイッチ大橋→Mr.Children あいみょん→スピッツ 平井堅→スピッツ 川谷絵音→スピッツ MIYAVI→布袋寅泰 LOVE PSYCHEDELICO…

【ライブレポート・感想】メレンゲ ライブツアー「re-creation 2020」@ 新代田FEVER

いつもとは違う雰囲気 この日のライブハウスは緊張感のあるフロアだった。開演前からずっとだ。 お客さんは全員マスクをしている。これは大袈裟に言っているわけではない。本当に全員がマスクをしていた。もちろん従業員も全員マスクをしていた。 入場口には…

放課後ティータイム『天使にふれたよ!』は卒業ソングとして革命を起こした名曲(歌詞・レビュー・感想・評価)

卒業しないでください アニメ『けいおん!!』の最終話を、3月になると思い出す。最終話が卒業をテーマにした話だったからだ。 特に後半のシーンが印象的で忘れられない。 放課後ティータイムというバンドを部員全員で組んでいた軽音楽部。あずにゃん以外のメ…