オトニッチ

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

アーティスト名別・五十音記事検索

あ行 あ い う え お か行 か き く け こ さ行 さ し す せ そ た行 た ち つ て と な行 な に ね の は行 は ひ ふ へ ほ ま行 ま み め も や行 や ゆ よ ら行 ら り る れ ろ わ行 わ // あ行 あ aiko アイドルネッサンス あいみょん 赤い公園 秋山黄色…

【ライブレポ・セットリスト】ACIDMAN presents 「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI” 2022」DAY2 at さいたまスーパーアリーナ

ACIDMAN presents 「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI” 2022」DAY2。 自分が観たライブの簡単な感想のまとめです。 THE BACK HORN sumika the band apart マキシマム ザ ホルモン BRAHMAN ASIAN KUNG-FU GENERATION ELLEGARDEN 10-FEET Mr.Children ACIDMAN THE B…

赤ちゃんはエルレ、バンプ、アジカンを聴くと泣き止む

新生児の我が子が泣き止まない。ひたすらに泣き続ける。 反町隆史『POISON~言いたいことも言えないこんな世の中は~』を聴かせると泣き止むと言われているが、我が子には効き目がなかった。反町隆史と反りが合わないようだ。 しかしそんな我が子が泣き止む…

ロックバンドはアイドルに勝てない?

ロックの世界でずっと生きてきたバンドマンが、アイドルへ敗北宣言をしたことに驚いた。 THE COLLECTORSの加藤ひさしと古市コータローのインタビューでのことだ。加藤は乃木坂46『君の名は希望』について、このように語っていた。 君の名は希望乃木坂46J-Pop…

スピッツの歌詞には作り手の人間性が滲み出ている

草野マサムネは、時折、ふわふわした歌詞を書く。綴る言葉も表現方法も、ふわふわしていて掴みどころがない。どっちつかずな内容もある。 例えば『チェリー』の〈ズルしても真面目にも生きていける気がしたよ〉というフレーズ。ここに辿り着くまでの歌詞の文…

日向坂46とココイチのキャンペーンで車輪が軋むように泣いたファンがいる

急にココイチ食べたくなったんだ。美味くて辛い名古屋生まれ。タワレコみたいな黄色い模様の飲食店。 それはナゼーかと言うと、日向坂46がコラボレーションをしたからだ。特定のメニューを注文すると、メンバーの写真とサインが印刷されたコースターがもらえ…

山下達郎はサブスク解禁しなくていいけど、ハロプロとジャニーズはサブスク解禁して欲しい

先日、Yahoo!に山下達郎のインタビュー記事が掲載されていた。その記事は多くの人の間で話題になっていた。 特に彼のサブスクに対する考えが注目されているようだ。そこには自身の楽曲をサブスク配信しない理由について書かれていた。 どうやら「表現をする…

ばってん少女隊『九祭』を聴いて驚いた

このグループは物凄いことになるかもしれない。去年、ばってん少女隊に対して、そんなことを思った。 それぐらいに去年リリースされた『わたし、恋始めたってよ!』という楽曲が、自分の胸に突き刺さったのだ。 ゴリゴリのドラムンベースに、キャッチーなJPO…

サンプリングを止めたCreepy Nutsと、サンプリングを大胆に取り入れた米津玄師について

2020年。Creepy Nutsは『かつて天才だった俺たちへ』というEPをリリースした。この作品以降、彼らの創る音楽が、少し変わったように思う。 おそらく楽曲の制作方法を変えたからだろう。このEP以降、彼らは「サンプリング」をほとんど行わずに楽曲を制作して…

【ライブレポ・セットリスト】日向坂46『Happy Smile Tour 2022』at ぴあアリーナMM 2022年10月17日(月) 

高本彩花が、噛んだ。 開演前に注意事項を伝える影ナレを高本彩花とキャプテンの佐々木久美が担当していたが、高本が一言目で「お客様」と言うべき箇所を「おちゃきゅしゃま」と言った。盛大に噛んだ。 客席から温かな笑い声が漏れる。始まる前から緩い空気…

Cody・Lee(李)『DANCE風呂a!』のふざけ方が最高

Cody・Lee(李)の新曲、めちゃくちゃふざけたタイトルである。なんせ『DANCE風呂a!』だ。酒を飲みながらタイトルを決めたのだろうか。 でも、そのふざけ方、最高だと思う。自分はこのようなユーモアが大好物だ。 だからタイトルを観ただけで好感を持ってしま…

【ライブレポ・セットリスト】SHISHAMO ワンマンツアー2022秋「NICE TO MEET YOUr town!!! 〜10年目の初上陸〜」 at 取手市民会館 202年10月8日(土)

※ネタバレあり ライブが始まってすぐに、地方にアーティストがわざわざやってきて、都市部よりも小さな会場でライブを行う意味や価値を実感した。 開演時間を過ぎると、メンバーの代わりに大きなスクリーンが登場し、映像が流れた。その内容はSHISHAMOがライ…

【ライブレポ・セットリスト】ずっと真夜中でいいのに。GAME CENTER TOUR『テクノプア』at 高崎芸術劇場 大劇場 2022年10月6日(木)

※ネタバレあり やはりずっと真夜中でいいのに。のライブへ行くと、開演前から世界観に引き込まれてしまう。 GAME CENTER TOUR『テクノプア』と名付けられた今回のライブツアーも例外ではない。 ステージ上にはゲームセンターのセットが建てられていた。ホー…

小沢健二『天使たちのシーン』にモヤモヤしていた理由について

好きな歌なのに「聴いていてモヤモヤするなあ」と思うことが、時折ある。それは歌詞の内容が自分にしっくりこない時だ。 例えば小沢健二『天使たちのシーン』が、それに当てはまる。 もちろん名曲だとは思う。13分30秒もある聴きごたえのある楽曲で、聴く都度…

Sexy Zone菊池風磨を「全裸ドッキリ」に仕掛けることは間違っている

先日放送された『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』で、菊池風磨がドッキリを仕掛けられていた。P&Gの洗濯洗剤「ボールド」のテレビCMとのコラボするという、豪華なドッキリ企画だ。 内容はCM撮影をしていると思い込んでいる菊池に水に濡れると溶ける素材…

【ライブレポ・セットリスト】フジフレンドパーク 2022 (出演:フジファブリック 凛として時雨) at Zepp Divercity Tokyo 2022年9月30日(金)

フジファブリックと凛として時雨は、キャリアや世代が近いロックバンドだ。しかし音楽性は全く違うし、目指してきた場所や活動スタイルも離れている。 メンバー同士に交流があることは知られていたし、音楽フェスやイベントで同日に出演したことはある。しか…

【ライブレポ・セットリスト】フジフレンドパーク 2022 (出演:フジファブリック Saucy Dog) at Zepp Divercity Tokyo 2022年9月29日(木)

フジフレンドパーク2022の東京公演初日。かなり若いファンが多いバンドをゲストで呼んだと思った。 フジファブリックが呼んだ対バン相手はSaucy Dog。いまやアリーナツアーですら簡単にチケットは取れない超絶人気バンドだ。『シンデレラボーイ』のバズり方…

【ライブレポ・セットリスト】UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2022「kaleido proud fiesta」at 東京ガーデンシアター 2022年9月27日(火)

開演前からすステージ前には大きな白い幕が張られていて、楽器やメンバーの様子が確認はできない。開演時間をすぎて客席の照明が落ちても、メンバーが登場しても、幕は張られたままだ。 青い照明の光に照らされたメンバーのシルエットだけが、幕に映される。…

【ライブレポ・セットリスト】私立恵比寿中学 『We sing a popular tune on the stage 題して「ちゅうおん」2022』 at 秩父ミューズパーク 野外ステージ 2022年9月24日(土)夜の部

予想外な選曲からライブが始まったから驚いた。Studio Apartment 『Life from the sun』のカバーから始まったからだ。 Studio Apartmentは日本での知名度が高いとは言えないが、海外でも活躍し評価されている音楽ユニットである。当然ながら楽曲のクオリティ…

関ジャニ∞『18祭』日産スタジアム公演の感想を今更になって書く理由

関ジャニ∞のライブを、7月に初めて観た。 7万人以上集客できる日産スタジアムで行われた公演で、彼らにとって過去最大規模のワンマンだったらしい。会場の大きさに負けないファンの熱量と、それに応える関ジャニ∞のスター性ある立ち振る舞いに痺れた。たった…

フジファブリック『茜色の夕日』は「夏の終わりの名曲」なのに超絶過小評価されている

「フジファブリック」という言葉を、夏の季語にしたい。 そう思うほどに、8月の後半あたりから様々な場所で『若者のすべて』を耳にすることが多い。もしかしたらここ数年の中では、夏の終わりにラジオで最も流された楽曲かもしれない。それぐらい耳にする機…

【ライブレポ・セットリスト】氣志團万博2022 at 袖ヶ浦海浜公園 2022年9月19日(月)

氣志團万博最終日の簡単な感想とセットリストのまとめです。 DJダイノジ 森山直太朗 倖田來未 Creepy Nuts WANIMA 純烈♨️ダチョウ きゃりーぱみゅぱみゅ HEY-SMITH マキシマム ザ ホルモン 森山直太朗 東京スカパラダイスオーケストラ 女王蜂 氷川きよし く…

ELLEGARDENのチケット代の安さを批判する理由がわからない

ELLEGARDENが16年振りの新曲をリリースし、ワンマンツアーの開催を発表した。 活動再開から4年経ったものの、活動ペースは遅くバンドの稼働率は低かった。それがようやくここから本格始動する予感がする。ひっそりとユニバーサルミュージックが関わるように…

推しメンが卒業発表した後のアイドルオタクの気持ちについて ~日向坂46の宮田愛萌の卒業に想うこと~

メディアでは宮田愛萌を「ぶりっ子キャラ」と評することが多いが、自分はそれに疑問を抱く時がある。 実際にテレビのバラエティではあざとい表情や動きでアピールしたり、音楽番組やライブでもカメラに抜かれれば確実にあざとい表情で釣ってくる。だから「ぶり…

Sexy Zoneがライブで女装したことについて想うこと

スカートを男性が履くのはおかしいし、メイクをするのも変。男性の長髪もよくない。 そんなイメージや価値観が2022年でも存在する。男性が女装をすると気味悪がられたり笑われたりするのだ。例えば芸人がコントで女装をした時、ボケていないとしても、女装を…

【ライブレポ・セットリスト】キンモクセイのGO!GO!夏おじツアー2022 at 原宿RUIDO 2022年9月4日(日) 昼の部

キンモクセイのファーストワンマンライブは、2001年に原宿RUIDOで行われたらしい。今回のツアーは20周年を記念したもの。その千秋楽としてこの会場を選んだことは、バンドにとって特別な会場だからこそなのだろう。 そんな慣れ親しんだホームと言える会場だ…

アイドルのライブで客が声援やコールをする必要はないのでは?

ももクロのライブを観る都度、「モノノフ、めちゃくちゃうるせえな」と思っていた。 コールや歓声がメンバーの歌声をかき消すぐらいに大きいからだ。むしろファンの方がメンバーよりも声が大きいかもしれない。服装も全身推しメンカラーで揃えている人が多く…

ライブで隣の席に迷惑なノリ方をする客がいた

自分の隣の座席に変な動きをする客がいた。日本武道館で行われたEveのライブを観た時のことである。 その客は手拍子の音が無駄に大きかった。しかもリズム感がないのか、手を叩くタイミングがおかしい。バラードなのにヘドバンしていたし、エアギターも弾い…

【ライブレポ・セットリスト】Eve Live Tour 2022 「廻人」追加公演 at 日本武道館 2022年8月29日(月)

Eveのライブは開演前から世界観が作り込まれていた。 客入れのBGMはない。しかしステージには白い幕が張られ、そこにアニメーション映像が流れていた。時折アニメの動きに合わせて効果音が流れる。その都度緊張と興奮が高まる。まるで客席全体もアニメの世界…

【ライブレポ・セットリスト】メレンゲ ワンマンライブ at 新宿LOFT 2022年8月24日(水)

演奏が始まった瞬間、「メレンゲってこんなバンドだっけ?」と思った。 バンド自体の活動が止まって約1年半。自分が最後にライブを観てから2年以上経っている。その頃とはサウンドの印象が少し変わった気がする。それに驚いてしまった。 もちろんそれはマイ…