オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

歌詞の考察

時にまじめに時にふざけて歌詞の考察や妄想、こじつけをします。

コレサワの”たばこ”の歌詞がぶっ飛んでて切ない理由を説明する【意味を考察】

コレサワって知ってます? 2017年にメジャーデビューしたシンガーソングライターの中でも特に異彩を放っている人がいる。 それがコレサワ。 まずは見た目。 なぜか頭に着ぐるみをかぶっている。 これだけでインパクトある。 8Fでもディスプレイ付けて展開し…

銀杏BOYZは本当に終わってしまったのか?新曲『エンジェルベイビー』を聴いての感想と歌詞考察

銀杏BOYZとの出会い 自分のパンクロックとの出会いは銀杏BOYZだった。 深夜のラジオで曲が流れた時に偶然聴いたことが出会い。 『あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す』という曲。 あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す 銀杏BOYZ ロック ¥150 provi…

『BiSH-星が瞬く夜に-』の化け物は変化と進化を続けている?【歌詞の意味を考察】

BiSHが好きならみんな知っている曲 その曲はほぼ毎回ライブでパフォーマンスしている。 ライブによってはなぜか複数回パフォーマンスされる。 清掃員(BiHSのファン)ならばみんな歌えてみんな踊れる。 きっとBiSHにとってもBiSHのファンにとっても大切な曲…

【歌詞考察】スピッツは新曲1987→でインディーズ時代の”泥だらけ”を引用した意味は?

スピッツの新曲に鳥肌が立つ 今年結成30周年を記念して過去にリリースされたシングル曲を収録したシングルコレクションが発売されるんですよ。 関連記事:【全曲レビュー】スピッツ全シングル網羅した3枚組CD『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single …

【歌詞考察】湘南乃風の純恋歌の主人公はパスタを勘違いしている

一度聴いたら忘れられない名リリック 好き嫌いは置いておいてですよ。 一度聴いたら忘れられない歌詞のフレーズってありませんか。 自分にとっては、特にヒップホップやラップの歌詞に多い。 ”東京生まれヒップホップ育ち 悪そうな奴は大体友達” Dragon Ash …

【歌詞考察】ゆずの夏色がロックンロールだということを証明する

ゆずが好きだった小学生時代 自分がまだ小学生の頃、ゆずがデビューして、めちゃくちゃ流行ってた。 クラスの女の子はみんな聴いてたし、友達から”おすすめの曲を入れたMD”をもらっても必ずゆずは入っていた。 その頃の自分は小学生のくせに椎名林檎が好きで…

【歌詞の意味を考察】岡崎体育“Natural Lips”は倦怠期の夫婦の歌。~くるりの東京と共通点とは~

岡崎体育の新曲 どうぶつさんたちがたいしゅうごうしてわいわいしてることに定評がある岡崎体育が、また新しいMVをYouTubeにアップロードしましたね。 “感情のピクセル”に続き、アップロードされた“Natural Lips”。 “Natural Lips”も“感情のピクセル”と同じ…

岡崎体育”感情のピクセル”の歌詞の意味を考察と解釈~ワニさんが仲間に入れてもらえない理由~

関連記事:岡崎体育の感情のピクセルが叩かれてレキシのKATOKUが叩かれない理由 - オトニッチ- 関連記事:岡崎体育のチェキ会に行ってきた - オトニッチ- なぜワニさんは仲間にいれてもらえなかったのか? 岡崎体育といえば、以前YouTubeにアップロードさ…

くるりの代表曲ロックンロールのタイトルと歌詞の意味を考察と解釈

くるりとは くるは去年結成か20周年をむかえた、京都出身のロックバンド。 立命館大学在学中に結成され、何度かメンバーチェンジを重ね、現在はフロントマンである岸田繁とベースの佐藤征史、トランペットのファンファン(産休中)の3人組のロックバンドだ。 …

back numberとフジファブリックは似てる‐高嶺の花子さんと花屋の娘の歌詞の意味を考察と解釈‐

back number(バックナンバー)について ここ数年もっとも人気が上昇し、ロックファンだけでなく一般層にも浸透したバンドは何かと聞かれたら、多くの人がback number(バックナンバー)と答えるだろう。 テレビドラマの主題歌になったりCMでも使われたりと…

フジファブリックの代表曲で人気曲、桜の季節の歌詞の切ない意味とは

春の終わりに聴きたくなるフジファブリックの曲 そろそろ桜の季節もすぎて、ゴールデンウィークに差し掛かろうとしている頃。 この時期に毎年聴きたくなる曲がある。 フジファブリックの桜の季節という曲だ。 ↓画像クリックで動画が開きます。 フジファブリ…