オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

レビュー

CDや音楽関連グッズを中の人が主観と偏見でレビューします。

【アルバムレビュー】KAT-TUN『CAST』ジャニオタじゃない男が書く感想とおすすめポイント

他のグループと違う? 自分はジャニーズの特定のグループのファンではない。そもそもグループ関係なくジャニーズのメンバー自体にはあまり興味がない。それは自分が男だからということもあるけども。 しかし、音楽自体は良いと思っている。以前から音楽には…

【感想・レビュー】Negiccoの『MY COLOR』を聴いたら「長く続くアイドルの条件」がわかった

15年活動しているグループ 10年以上活動している女性アイドルグループは殆どいない。 女性アイドルは男性アイドルやバンドと比べても活動期間が短いとことが殆どだ。その中でもオリジナルメンバーが在籍しているグループはさらに少なくなる。 ぱっと思い浮か…

【レビュー】チャットモンチーのラストアルバム『誕生』を聴いた率直な感想

聴いていて動揺した チャットモンチーのラストアルバムがCDリリースに先駆けて配信でリリースされた。『誕生』というタイトルの作品。 ↓ここからダウンロードできます 誕生 (Bonus Track Edition) チャットモンチー ロック ¥2000 配信を知ってからすぐにダウ…

エレカシの新譜『Wake Up』を若者に聴かせたい理由〈感想・レビュー〉

デビュー作のようなベテランの作品 エレカシの新しいアルバムを聴いてみた。 結成37年目、デビュー30年目のバンドのアルバム。 このアルバム、凄く良いのですよ。、 エレファントカシマシの貫禄を感じる作品。 それでいて初々しさすらあり、デビューしたての…

関ジャニ∞『GR8EST』を聴いたジャニオタじゃない男が感じた感想

このアルバムを聴いてほしい人について 去年、関ジャニ∞の『JAM』というアルバムを聴いた。楽曲提供者が自分の好きなアーティストが多かったので聴いたわけだけど、これがとても良いアルバムだった。去年よく聴いたアルバムの1つでもある。 それをきっかけ…

PassCodeが新曲『Ray』で本気の勝負を仕掛けてきた<感想・レビュー>

ラジオでよく流れている PassCodeの新曲を最近ラジオでよく耳にする。東京FMでかかりまくってる。『Ray』という新曲。 Ray PassCode ロック ¥250 タイトルをクリックでダウンロード provided courtesy of iTunes PassCodeはアイドルグループだ。BABYMETALやB…

[ALEXANDROS]のKABUTOを聴いたんだけど、ドロス、どうしちゃったの?〈感想・レビュー〉

どうしちゃったの? [Alexandros] のメンバーにも関わっているスタッフにも言いたいことがある。新曲の『KABUTO』についてだ。「なぜこの曲をシングル曲としてリリースしたのか」と。どうしちゃったのと。選曲をミスっていないかと。これは商業的に大丈夫な…

ファンではないのにももクロの新曲『クローバーとダイヤモンド』に感動してしまった

10周年に相応しい曲 バンドと比べるとアイドルは活動期間が短いことが多い。特に女性アイドルは「若いうちにしかできない」というイメージもある。「若さ」や「かわいらしさ」も必要な賞場いでもあるからだ。 アイドルと言う職業ができていから、アイドルと…

『アダムとイヴの林檎』で椎名林檎が全然トリビュートされてない件〈感想・レビュー〉

これはトリビュート盤なのだろうか? 国内外の多くのアーティストのトリビュートアルバムが毎年発売されている。トリビュートアルバムは活動10周年記念などの特別なタイミングでそれを祝う目的だったり、活動休止や解散などを惜しむ気持ちで制作されることが…

くるりの新曲『東京オリンピック』は今年1番のぶっ飛んだ曲【感想・レビュー】

衝撃的だった くるりの新曲が衝撃的だ。タイトルは「東京オリンピック」。タイトルもおかしい。衝撃的。しかし衝撃的なのはタイトルだけではない。曲そのものがすごい。すごいぞくるり。 自分がこの曲を初めて聴いたのはライブだ。日比谷野外音楽堂で行われ…

でんぱ組.incの新曲『おやすみポラリスさよならパラレルワールド』が凄い曲だから聴いてくれ【感想・レビュー】

とにかく聴いてくれ でんぱ組の新曲が素晴らしい。『おやすみポラリスさよならパラレルワールド』というタイトルの新曲。この曲は新境地を開拓したと思う。それはでんぱ組にとっての新境地でもあり、アイドルソングとしての新境地でもあると思う。J-POPとし…

SHISHAMOの新曲「水色の日々」を小林武史がプロデュースした結果・・・・・・

SHISHAMOの大躍進 正直、SHISHAMOがこれほど売れるとは思ってはいなかった。デビュー時から個性もあったしメロディもキャッチーだった。注目はされるだろうなと思ってはいた。でもね、紅白歌合戦に出るほどの人気と知名度を獲得するなんて全く想像もしていな…

たこ焼きのラブソングを聴いて大塚愛を天才だと思った~たこやきレインボー『卒業ラブソディ』~ 【感想・レビュー】

最近よく勧められるので 「たこやきレインボー聴いてくださいよ!」 「たこ虹はもっと評価されても良いと思うんですよ!」 「たこ虹のCD買ってよ!」 などなど、何故か最近たこやきレインボーを勧められることが多い。むしろ脅迫に近い。アイドルオタクとい…

【アルバムレビュー】Sexy Zone 『XYZ=repainting』ジャニオタじゃない男が書く感想とおすすめポイント

1曲も知らなかった 去年リリースした嵐のアルバムがとても良くて。それについても記事にしたのですが、想像以上の方々に読んでいただけて嬉しかったです。 ジャニオタじゃない男ですが嵐の新譜『untitled』が凄かったのでレビューしました。音楽好きは聴いた…

【感想】映画『オトトキ』THE YELLOW MONKEYの再始動後のドキュメンタリー映画に映る普通のおじさんについて

特別なバンド 自分にとって「このバンドは特別だ」と思うバンドはいくつかある。その中で唯一まだライブを観たことがないバンドがある。好きになった時にはすでに活動は休止していたし、再始動後もチケットが取れず予定も合わずで観れていない。 それがTHE Y…

【アルバムレビュー】BiSH『THE GUERRiLLA BiSH』ゲリラ販売されたゲリラBiSHの感想。これは新しい挑戦だと感じる作品。

聴く前から上がるテンション 11月4日の午前。自分のTwitterのタイムラインにいくつも投稿されていた驚きの声。それは「全国のタワーレコードでのBiSHのメジャー2ndアルバムのゲリラ販売」だ。全くの予告なしで価格も税込み299円という破格。赤字覚悟という…

【アルバムレビュー・視聴】米津玄師「BOOTLEG」感想。なぜ米津玄師からオーイエアハンを感じるのか?

バンドじゃないのにバンドを感じる 米津玄使師ってバンドじゃないんですよ。まあわかりますよね。人の名前ですもんね。ソロのシンガーソングライターです。でも個人的にこの人から”バンド”的なものを感じるわけです。 BUMP OF CHICKENが大ヒットした後に続々…

【アルバムレビュー】嵐『untitled』ジャニオタじゃない男が書く感想とおすすめポイント

なんか嵐すごいかも 聴いたきっかけはTSUTAYAのCD視聴機に書いてあった嵐の新譜のPOPを読んだことがきっかけ。 『ラストは圧巻の『組曲』嵐の挑戦』 こんな感じのことが書いてあったんですよ。 それほど詳しくないですけど今のジャニーズで最も人気があるグ…

【レビュー・視聴】有安杏果(ももクロ)『ココロノオト』ももいろクローバーZとは違う魅力があるソロアルバムの感想

「アイドルとしてはできないことをやりたい」 グループアイドルはももクロに限らずメンバーがソロ活動で歌を歌うことは珍しくはない。例えばAKBグループでもソロでCD出している人もいるわけじゃないですか。歌が上手いと言われている山本彩とか。先日発売し…

Hi-standardの『THE GIFT』を買う若者はハイスタの音楽の良さは理解できない?【新譜の感想】

18年ぶりのアルバム Hi-standardが18年ぶりにアルバムをリリースした。 きっと、メジャーデビューしている大人気バンドがアルバムをリリースするより話題になると思うし売れると思う。 語弊があるかもしれないが、どんな内容でもリリース前からヒットが約束…

【アルバムレビュー・視聴】奥田民生『サボテンミュージアム』感想とおすすめポイント

自分も奥田民生になりたいボーイ 奥田民生ってかっこいいなと思う。 音楽的な部分はもちろんなんだけど、人柄というか生き方と言うか、存在自体が個性的でかっこいい。 あんなふうにゆるく生きれたらと思うけども、自分がゆるく生きようとしても奥田民生には…

【アルバムレビュー・視聴】桑田佳祐『がらくた』感想とおすすめポイント

ソロ30年目の衝動 CDのジャケットに貼られていたシールにはこんな言葉が書いてあった。 「ソロ30年目の衝動」 桑田佳祐が6年ぶりにリリースした最新アルバムの『がらくた』である。 サザンオールスターズでの活動はもちろん、ソロの楽曲でもヒット曲を多く生…

【アルバムレビュー・視聴】氣志團『万謡集』感想。全曲楽曲提供にした理由とは?

自分たちで作詞作曲をしなかったアルバム 氣志團は自分たちで作詞作曲ができるバンドだ。 ずっと自分たちで曲を作って活動してきた。 しかし、今回発売したアルバムではメンバーは作詞も作曲も行っていない。 全曲他のソングライターから楽曲提供を受けてい…

【アルバムレビュー】V6『The ONES』感想とおすすめポイント

最近ジャニーズが気になる 自分は男だ。 だからジャニーズについてそれほど詳しくはない。 アイドルは好きだが女の子のアイドルが好きだ。 でも、最近ジャニーズが気になる。 それはアイドルとしてというよりも、音楽的な部分で。 自分はアイドルが好きでは…

【アルバムレビュー・視聴】PassCode メジャー1stアルバム『ZENITH』感想とおすすめポイント

ラウドロックが好きならパスコも気に入るよ ここ最近のアイドルはキャラクター的にも音楽的にもなんでもありになってきまして。 BiSHなどの大頭もあり、世間にも少しずつ王道アイドルソング以外の普通に良い曲を歌うアイドルも認知されつつあるのかなと思う…

【アルバムレビュー】欅坂46『真っ白なものは汚したくなる』感想とコンセプトの考察

とんでもないボリューム 欅坂46がアルバムを発売しました。 『真っ白なものは汚したくなる』というタイトル。 タイトルからなんとなくアイドルなのにアイドルに対するアンチテーゼを感じる。 通常版と初回盤Aと初回盤Bの3形態が発売されたわけですけど、そ…

【アルバムレビュー・視聴】never young beach『A GOOD TIME』感想とおすすめポイント

現代の加山雄三? このバンドを聴くと何故か加山雄三が頭に浮かんできてしまうのですよ。 never young beachことネバヤン。 加山雄三のフォロワーというわけではないだろうけど、どこか懐かしさも感じる音と、夏の海が似合いそうな感じ。 あと、このバンドは…

【アルバムレビュー・視聴】indigo la End『Crying End Roll』感想とおすすめポイント

キャッチではないけど名盤 世間で叩かれようが、なんだかんだで音楽の才能だけは認めてしまうんですよ。 認めざるを得ないんですよ。 川谷絵音。 ゲスの極み乙女。で有名ですが、もう1つバンドをやっています。 そのバンド名はindigo la End。 それほど売れ…

【アルバムレビュー・視聴】GLAY『SUMMERDELICS』の感想とおすすめポイントについて

GLAYをちゃんと聴いたことがなかった 国民的人気だったバンドですよ。 20万人とか集めてライブやったバンドですよ。 でもなぜか自分はちゃんと聴いたこともなかったのです。 知っている曲も昔のシングル曲をいくつか。 それもサビぐらいしかわからないかも…

【レビュー・視聴】原田知世『音楽と私』伊藤ゴローの編曲が素晴らしいアルバムの感想

原田知世を自分は知らない 20代の自分は原田知世のことをあまり知らない。 女優としてはたまに見るから存在は知っているけど、若いころは知らない。 歌手をやっていたということも、以前高橋幸宏が中心に結成されたpupaが話題になった時にボーカルをやって…