オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

【レビュー・感想】『筒美京平 SONG BOOK』が他のトリビュートアルバムと比べて異質に感じる件

筒美京平のトリビュートアルバム

 

『筒美京平 SONG BOOK』を聴いても、トリビュートアルバムを聴いている気分にならなかった。

 

トリビュートアルバムは敬意を持った上で参加アーティストが楽曲をカバーする企画作品である。参加アーティストは自身の個性を加えた上で、楽曲を再構築し表現する。

 

自身の楽曲以上に個性を出そうとする参加アーティストが多い。

 

「原曲をどうすれば超えられるか」ということを考えている場合も多いのだろう。たまに、バチバチした空気を感じる。それがトリビュートアルバムの面白い部分だ。

 

今までリリースされたトリビュートアルバムはそのようなものばかりだった。スピッツも椎名林檎もザ・ブルーハーツも宇多田ヒカルも。

 

『筒美京平 SONG BOOK』はトリビュートアルバムとして発売されているし、トリビュート相手への敬意を感じる内容ではあった。

 

参加アーティストは個性的で才能もあるアーティストばかりだ。彼らは原曲とは違う表現方法で、楽曲に新しい魅力を加えている。

 

それでも「トリビュートアルバム」としては異質に思った。どちらかというと「コンピレーションアルバム」に感じた。

 

さらに言うとボーカリストが全曲違うのに統一感があって、「オリジナルアルバム」のようにも感じた。

 

なぜなら参加アーティストが、積極的に自身の個性を出そうとはしていないのだ。

 

他のトリビュートアルバムと違う理由

 

自身で作詞作曲編曲を行うアーティストも多く参加している。しかし他のトリビュートアルバムのように、アーティスト主導で楽曲ごとに編曲や演奏をしているわけではない。

 

あくまで彼らは歌うことに徹している。

 

『筒美京平 SONG BOOK』は武部聡志、小西康陽、本間照光、松尾潔、亀田誠治、西寺郷太の6名による共同プロデュース作品だ。そのためこの6名の誰か、もしくは共同で編曲をしているのだ。

 

そのためかプロの客観的な視点からボーカリストを選び、ベストマッチな選曲をしていると感じる。

 

例えば1曲目の『人魚』。これはLiSAが歌っているが、普段の彼女にはないタイプの曲調と編曲だ。

 

人魚

人魚

  • LiSA
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

これは意外な選曲かもしれない。

 

しかしLiSAのボーカリストとしての特徴を的確に捉え、彼女の声質や歌唱方法にあった楽曲を、プロデューサー視点で客観的に選んだ結果ともいえる。

 

miwa『サザエさん』も意外ながらベストマッチとも言える組み合わせだ。

 

サザエさん

サザエさん

  • miwa
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

miwaの明るい声質とはっきりと発音する歌唱が『サザエさん』と相性がいい。モータウン的な編曲でありながらも、現代のJ-POPらしさも感じる音色でもある。

 

きっとmiwa自身が主導となっていたら、この曲を選ぶことはなかっただろう。

 

意外性のある組み合わせが多いかと思いきや、「このボーカリストならばこの選曲以外ありえない」と感じる、予想通りながら最高の組み合わせの曲もある。

 

北村匠海『また逢う日まで』が、まさにそれだ。

 

また逢う日まで

また逢う日まで

  • 北村匠海
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

北村匠海はエモーショナルで真っ直ぐな歌声が魅力的だ。その歌声はミドルテンポのバラードと相性抜群である。

 

だから同じようにミドルテンポのバラードの『また逢う日まで』が、相性抜群で最高の出来になることも予想できた。

 

そして予想通りで期待通りのカバーになったている。アルバムの中でも特に優れたカバーに思う。

 

 

トリビュートアルバムとしての新しさ

 

トリビュートアルバムとしては、前代未聞な楽曲もある。武部聡志が編曲し生田絵梨花が歌った『卒業』だ。

 

卒業

卒業

  • 生田絵梨花
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

原曲は斉藤由貴が歌ったものだが、こちらの編曲も武部聡志が行っている。

 

つまり編曲者によるリテイクとも言える。しかし作曲は筒美京平なのでトリビュートとしてのカバーとしても機能している。

 

このようなカバーをトリビュートアルバムで行なった例は、おそらくないはずだ。

 

これは筒美京平と生前から交流があったり、一緒に仕事をしたプロデューサーが主導となって行なったトリビュートアルバムだからこそ、実現したのだろう。

 

参加アーティストは若手からベテランまで様々だ。

 

筒美京平が最も多くの作品を発表していた90年代以前を知らない世代も参加している。

 

逆に一青窈など90年代以前を知っていたり、前田亘輝のように当時から活動していた世代も参加している。

 

さらば恋人

さらば恋人

  • 前田 亘輝
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

そして『SONG BOOK』は若手のカバーが前半に集中しており、後半にベテランのカバーが集中している。

 

つまり前半は若手アーティストが歌うことで、筒美京平の残した名曲を知らない世代に伝える役割を担っている。

 

そして後半はベテランアーティストが筒美京平の偉大さを知っている世代に、改めて魅力を共有する役割を担っている。

 

そしてアルバムを通して聴くことで、若い世代は普段聞かないベテランの歌声を聴き、筒美京平を知る世代は馴染みのない若手の歌声を聴き、お互いの魅力をしることができるのだ。

 

「知らない歌手だったけど、ベテランの歌声は凄い!」「最近の若者も良い歌を歌うなあ」と。

 

 筒美京平は2020年10月7日に80歳で亡くなった。

 

亡くなっても功績は色褪せないし、むしろトリビュートアルバムのリリースによって、偉大さや魅力はさらに多くの人に伝わっている。

 

そして様々な世代が歌い継ぐことで、世代間の溝も埋めてしまっている。

 

アルバムの共同プロデュースは日本では珍しい。それが今回のトリビュートアルバムで、大物プロデューサー6人によって共同プロデュースが実現した。

 

これを機に共同プロデュースが増えていくかもしれない。

 

『筒美京平 SONG BOOK 』は素晴らしいアルバムだ。筒美京平の偉大さを改めて伝える作品になってる。

 

しかしあまりにも偉大すぎて、ここまできたらトリビュートアルバムをリリースしたという時事実自体が、偉大さを伝えているとも考えられる。

 

この作品のために多くの日本を代表するアーティストが参加し、日本を代表する6人のプロデューサーが協力し、新しい挑戦をしているのだから。

 

筒美京平SONG BOOK (特典なし)

筒美京平SONG BOOK (特典なし)

  • アーティスト:VARIOUS
  • 発売日: 2021/03/24
  • メディア: CD