オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

アーティスト名別・五十音記事検索

あ行 あ い う え お か行 か き く け こ さ行 さ し す せ そ た行 た ち つ て と な行 な に ね の は行 は ひ ふ へ ほ ま行 ま み め も や行 や ゆ よ ら行 ら り る れ ろ わ行 わ // あ行 あ aiko アイドルネッサンス あいみょん 赤い公園 秋山黄色…

【ライブレポ・セットリスト】カネコアヤノは日本武道館でも通常営業だった、

暖色の光で照らされるステージにゆっくりと登場し、ゆっくりと演奏の準備をする、カネコアヤノとバンドメンバー。 まるで自身が立っている場所が日本武道館だということを、全く意識していないような表情と佇まいだ。それはライブハウスで演奏をする時と変わ…

Sexy Zoneの「Mildも地球の裏側じゃ Wildになるよ」という歌詞の意味を分析してみた

Sexy Zoneのデビュー曲であり、グループ名がそのまま曲名として続けるわれている『Sexy Zone』という楽曲がある。 この楽曲をライブで初めて聴いた時に、心の底から感動した記憶がある。あれは2019年の横浜アリーナである。 自分にとってSexy Zoneはもちろん…

Juice=Juice 金澤朋子の卒業公演は涙よりも笑顔が似合うライブだった。

横浜アリーナで行われた『Juice=Juice Concert2021~FAMILIA~金澤朋子ファイナル』のライブレポを、リアルサウンドに寄稿しました。 金澤朋子の卒業公演であり、新メンバーにとっては初のワンマンライブだった、今回の公演。卒業だからと湿っぽくはならず、…

岡崎体育は「めちゃめちゃおもしろライブ」は観客のボルテージを一気に最高潮にした

横浜アリーナで行われた岡崎体育のワンマンライブ「めちゃめちゃおもしろライブ」のレポートを、リアルサウンドに寄稿しました。 自ら観客の期待のハードルをあげるようなライブタイトルでしたが、その期待に見事に応える圧巻のステージでした。 「おめしろ…

@onefiveが新曲『underground』で新境地を開拓したことについて

元さくら学院のメンバーにより構成されているガールズグループ@onefiveについての分析記事を、リアルサウンドに寄稿しました。 今作は振り付けをメンバー自らが考案し、曲調や衣装やメイクも今までとはガラッと印象が変わるものになっていて、新境地を開拓し…

【ライブレポ・セットリスト】PEDRO『後日改めて伺います』のレコ発ライブで感極まるアユニ・Dとジャージを着て照れる田渕ひさ子

「PEDROです。よろしくどうぞ」 アユニ・Dが小声で挨拶すると、それに反比例するような爆音が鳴らされる。その瞬間にZepp Tokyoを埋め尽くす観客の身体と心が震える。 この一瞬で何もかもを変えてしまうことが、ロックバンドの凄さだと感じる。そんな凄みをP…

常田大希のソングライティング力について

King Gnu及びmillennium paradeのタイアップ曲についての考察記事を、リアルサウンドに寄稿しました。 タイアップの場合は「魂を売った」「セルアウトした」と批判されることも少なくはないですが、常田大希の関わる音楽については、タイアップを受けること…

大規模なライブ会場が続々と建設される事情について思うこと

大規模な音楽用アリーナやホールが、近年続々と建設されている背景についての分析と、本当に必要な規模の会場はどの大きさなのかなど、個人的に思うことをリアルサウンドに寄稿しました。 ぜひ読んでください。

【ライブレポ・セットリスト】SHISHAMOがライブで生足を隠すようになった代わりに、他のモノを出すようになった 〜SHISHAMO ワンマンツアー2021秋「寝ても覚めてもかわいい君と死にたくなるような恋がしたい」〜

コロナ禍になる直前の、2020年1月。 Zepp Tokyoで行われたSHISHAMOのワンマンライブで、宮崎朝子は「うちらもう20代半ばなのに、いつまでTシャツに短パンでライブやるんだろうね?まだ足を出し続けるのか?」と話していた。 その言葉に、驚いた。Tシャツと短…

アンジュルム・笠原桃奈卒業コンサートのライブレポを寄稿しました

リアルサウンドにアンジュルム コンサート2021「桃源郷~笠原桃奈卒業スペシャル~」のライブレポートを寄稿しました。 卒業コンサートでありながらも、湿っぽくならず楽しさで満ちたライブで、未来への希望も感じる素晴らしい内容でした。 ぜひ読んでくださ…

木村拓哉のソロアーティストとしての魅力について寄稿しました

木村拓哉のボーカリストとしての魅力やアーティストとしての凄みについて個人的に想うことについて、リアルサウンドに寄稿しました。 1stソロアルバムも素晴らしかったし、来年リリースの新作も楽しみです。

『マツコ会議』でDJ松永の発言が炎上したことについて思うこと

11月13日に放送された『マツコ会議』に、Creepy Nutsが出演していた。 「暴力的なところや倫理的にアウトなところを許容する価値観が日本人と合わないなと思って」という言葉から、現状の悩みについて語り始めたDJ松永。その言葉の一部が問題視され、SNSを中…

古臭くなった昔の歌に価値はあるのか?

以前Gacktが「歌詞に古くなる表現は使わない。例えばポケベルとか」という話をしていた。 10年以上前にテレビで観た記憶だが、この話が印象的でずっと頭に残っている。「なるほど」と思ったし、このような工夫によって時代にとらわれない普遍的な歌が作られ…

【ライブレポ・セットリスト】SUPER BEAVER『都会のラクダ 〜愛の大砲、二夜連続〜 at さいたまスーパーアリーナアリーナ』は「素晴らしかった」の一言でしか言い表せないほどに愛で満ちていた

2020年2月。コロナ禍になる直前、SUPER BEAVERは国立代々木競技場第一体育館でワンマンライブを行った。 そのライブのMCで、渋谷龍太がこのように話していた。 ライブハウスからいなくなりません。ライブハウスでもやります。ホールからもいなくなりません。…

【ライブレポ・セットリスト】斉藤和義が『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2021 "202020 & 55 STONES』ツアーファイナルで見せた最終の乳首について

名義こそ「斉藤和義」と本人のソロではあるが、これはロックバンドのライブだと感じた。 ボン・ジョビやマリリン・マンソンがバンド名として許されるなら、斉藤和義という名前のバンドがあってもいいじゃないか。そう思うぐらいに、ステージに立つ5人はロッ…

【ライブレポ・セットリスト】櫻坂46『1st TOUR』を観て感じた欅坂46のライブとの違い

10月29日から31日までの3日間、櫻坂46『1st TOUR』のさいたまスーパーアリーナ公演が行われた。自分はその公演の初日に参加した。 会場前へ行きビジョンに大きく映し出されたツアーロゴを見て、少しずつライブが当然に行われる日常が戻ってきていると実感し…

眉村ちあきの野音ライブ『ナントカサマーフェスティバル』のレポートを寄稿しました

眉村ちあきにとって初の日比谷野外音楽堂でのワンマンライブ『ナントカサマーフェスティバル』のレポートをリアルサウンドに寄稿しました。 普段からエンターテイメント性が強いライブをやっている眉村ちあき。今回もエンタメ的な要素はあったものの、「ミュ…

【ライブレポ・セットリスト】フジファブリック『山内総一郎生誕祭October Ensemble~』は愛が8割でカオスが2割のライブだった

フジファブリックが「山内総一郎生誕祭~October Ensemble~」というタイトルのライブを行った。 タイトル通り開催当日の10月25日に、40歳の誕生日を迎える山内総一郎を祝うためのライブである。 始まった瞬間に、普段とは違う特別なライブだと察した。普段…

さユりの配信ライブ『LIVE DIVE 酸欠少女さユり』のレポートを寄稿しました

大型4面LEDパネルが常設された配信スタジオ 「BLACKBOX³(ブラックボックス)」で行われたさユりの無観客配信ライブのレポートを、リアルサウンドに寄稿しました。 有観客ライブが行われるようになった現在、あえて配信でライブを行う意味や価値を感じさせる…

毎年代わり映えしない出演者のカウントダウンジャパンへの批判について

COUNTDOWN JAPAN 21/22の開催が発表され、第一弾の出演者発表がされた。 だいたい毎回いつも同じメンバーと再開するような、毎年出演している常連のアーティストが中心のラインナップだった。実力は確かではあるものの、他の音楽フェスにも頻頻に出演するア…

=LOVEと≠MEによる合同ライブ『イコノイフェス2021』のライブレポを寄稿しました

=LOVEと≠MEによる合同ライブ『イコノイフェス2021』のライブレポートをリアルサウンドに寄稿しました。 合同だからこそのコラボレーションがあったりと、この日だけの特別なライブで素晴らしかったです。 ぜひ読んでみてください。

つばきファクトリーの日本武道館公演のレポートを寄稿しました

つばきファクトリーにとって初の日本武道館ライブのレポートを、リアルサウンドに寄稿しました。 大きな会場に見合う最高のパフォーマンスでした。 ぜひ読んでください。

【ライブレポ・セットリスト】ユニコーンツアー2021「ドライブしようよ」 』でメンバーがふざけまくってイチャつきまくっている

ユニコーンはライブでふざけたことばかりする。 言っていることは適当だし、ライブ中にメンバー同士でイチャイチャしながらじゃれている。たまに「ちょっとは真面目になれ」と言いたくもなる。 でも、それなのに、ロックバンドとしての軸はブレないし、ロッ…

「推しは推せる時に推せ」という言葉が、あまり好きではない

バンドやアイドルグループが解散したり、アーティストの引退や訃報が知らされた時、「推しは推せる時に推せ」という言葉がSNSで拡散されることが多い。 個人的にこの言葉は、あまり好きではない。 決して否定したいわけではない。間違った言葉だとも思わない…

aikoと斉藤和義は誰もが認めるスケベ

aikoと斉藤和義はスケベである。これは確固たる事実だ。 この2人はライブで下ネタを言いまくる。呼吸をするように下ネタを言う。下ネタがないと「今日はどうしたんだろう?」と心配になるほどに言う。 例えばaikoはMCで「ちんこ」の話を頻繁にする。ちんこに…

鈴木愛理の日本武道館公演のライブレポートをリアルサウンドに寄稿しました

リアルサウンドに鈴木愛理の日本武道館公演のライブレポを寄稿しました。 2年ぶりのワンマンライブであり、デビューライブ以来ソロでは2回目の日本武道館公演。 コロナ禍で活動できなかった2年間を取り戻すような内容であり、ソロを始動してからの集大成と言…

UNISON SQUARE GARDEN『Patrick Vegee』ツアーの演奏と田淵の動きのヤバかった部分について ~ライブレポ・セットリスト ~

※ネタバレあり UNISON SQUARE GARDENは2020年に、『Patrick Vegee』というアルバムをリリースした。 これが本当に素晴らしい作品なのだ。しかもライブ映えしそえな楽曲ばかりが揃ってる。生で演奏される音を聴くのが楽しみだった。 しかしアルバムがリリース…

日向坂46と緑黄色社会とマカロニえんぴつによる独特すぎた空気の対バンライブについて~ MTV LIVE MATCH ~

MTVの40周年を記念したライブイベント『MTV LIVE MATCH』。出演アーティストは日向坂46と緑黄色社会とマカロニえんぴつ。 今最も注目されている若手バンド2組と、今最も人気が上昇しているアイドル1組による、豪華でありつつも異色な対バンだ。 だからか各自…

aikoが奇行に走ったら最高のライブになった~ Love Like Pop vol.22 ライブレポ・セットリスト~

客入れのBGMに合わせ、大きな音で手拍子をする人がたくさんいる。それが熱気となって会場を包み込んでいる。 9月27日に行われたaikoのライブツアー『Love Like Pop vol.22』の東京ガーデンシアター公演。ライブ開始前から完全に空気が作られていた。完璧なラ…