オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

【ライブレポ・セットリスト】ユニコーンツアー2021「ドライブしようよ」 』でメンバーがふざけまくってイチャつきまくっている

ユニコーンはライブでふざけたことばかりする。

 

言っていることは適当だし、ライブ中にメンバー同士でイチャイチャしながらじゃれている。たまに「ちょっとは真面目になれ」と言いたくもなる。

 

でも、それなのに、ロックバンドとしての軸はブレないし、ロックバンドとして佇まいも演奏もカッコいい。どうしても惹き付けられてしまう。そんな不思議な個性を持っているからこそ、魅力的なのかもしれない。

 

ユニコーンのワンマンライブツアー『ドライブしようよ』の、立川ステージガーデン公演もそうだった。ふざけまくって、イチャイチャしながらパフォーマンスしていた。

 

f:id:houroukamome121:20211022165041j:image

 

とはいえ彼らはベテランのロックバンド。

 

「DRIVE YOU CRAZY」と書かれたネオンの看板が光る中でステージに登場するメンバーは、ロックバンドとしてのオーラがある。

 

しかしやはり、ふざけてはいる。

 

1曲目の『ZG』からしてもふざけていふ。。川西幸一がボーカル務める楽曲だ。スタンドマイクで「みやぞんが金髪に染めた?」かと思う髪型でカッコつけながら歌う。他のメンバーは笑いを堪えている。

 

特に川西の代わりにドラムを叩いている奥田民生はニヤついているように見える。川西は歌い終えると「オオキニ!」とカタコトの関西弁で挨拶していた。しかしここは東京である。

 

曲を終えてもドラムを叩き続ける民生。そこにゆっくりと川西が近づいて、一緒にドラムを叩き始める。1つのドラムを一緒に叩く姿。その距離感は新郎新婦がケーキを入刀する距離感と同じだ。

 

そのまま川西にドラムバトンタッチして、前に出てきた民生。カウベルを叩きながらABEDONと一緒にキレのないダンスを2人で踊る。そして再結成後最初に発表され、今ではライブ定番曲になった『WAO!』で盛り上げる。

 

しかし中盤の掛け声を忘れて「EBIちゃん、さっき忘れたでしょ?」と曲中にイジられるEBI。その後は無駄に大きな声で「ワオ!!!」と叫んでいた。

 

ロックバンドとしては隙のない演奏なのに、やはりどこかふざけているのだ。

 

民生「昨日は初めて立川でライブをやりました。だから丁寧にやりましたけれど、今日は2回目で慣れたので雑にやります。

手島「ワイルドってこと?」

民生「ワイルドじゃない。雑。」

 

雑なMCをする民生。捉え方によっては失礼な話ではあるが、ユニコーンのファンはドMだらけなので喜んでいた。さらに雑なMCは続く。

 

民生「コロナの状況が少しは良くなってきましたが、我々はきちんと守りながらやりますからね。声を出したらダメですよ」

手島「絶対に笑ってはいけないロックンロールライブ」

民生「そういえば立川の人はおでこをみんな出していますね」

手島「駅前にいた人はデコをみんな出していましたよね」

民生「それは風が強かっただけだろ。まあ、ユニコーンも後ろの3人も立川ということもあって、リーゼントにしてデコを出しています。ピリオドの向こうに行く感じになっています」

 

川西、EBI、ABEDONの3人は氣志團とみやぞんをミックスさせた髪型になっていた。他の公演ではこの髪型をしていたわけではないらしい。やはり立川はみんなデコを出すのだろうか。

 

しかし演奏は雑ではない。音楽へは真摯に向き合っている。

 

『スペースカーボーイズ』で盛り上げ、民生とABEDONの掛け合いが印象的な『紅CAR』を続ける。

 

この曲ではコールアンドレスポンスを求めていた。しかし当然ながらコロナ禍で声を出せない。声の代わりに腕をあげたりと身体で応えるファン。ふざけつつもロックバンドとしての軸はブレない。

 

民生が「次はこの緑の服を着た男が作った曲です!この緑の服を着た男が歌います!」と紹介してから、手島いさむが作詞作曲とボーカルを務める『短歌のやつ』を披露。

 

ちなみにユニコーンはお揃いの衣装を来ているので、全員が緑の服を着ている。全員が緑の服を着た男である。

 

EBI「ロックンロールナンバーを、立川のためだけに用意しました」

民生「嘘つくな」

EBI「ここで初のお披露目になります」

民生「嘘つくな」

 

ふざけた曲紹介をしてから、EBIがステージを動き回り『西の外れの物語』を歌う。本当に立川のために作られたと勘違いしていると思うほどに、立川の客は盛り上がる。

 

そして川西ボーカルの『R&R はぐれ侍』を続ける。「リーゼントで法被を着て来て、なぜか竹を持ってるし、何をしたんだかわからない」と謎のファッションセンスを民生にツッコミされてはいたが、客席はしっかりと盛り上がっていた。

 

ロックンロールを使ったエンターテイメントに感じるようなパフォーマンスが続いたが、ロックバンドとして芯のある演奏でも痺れされる。

 

「この後に真面目な曲をやるのは難しいんだけど。俺だけちゃんと歌わないといけないじゃん」と文句を言いつつ披露した、奥田民生がボーカルを務める『ロックンローラーのバラード』。真っ直ぐなボーカルと重厚な演奏で届けていた。

 

そしてABEDONが歌う『夢 Me Tender』では、ホールに響き渡る壮大な演奏に痺れてしまう。やはり彼らはロックバンドとして、最高なのだ。

 

そんなロックバンドとしてのカッコ良さと、ユニコーンの持つユーモアが組み合わさった『ミレー』が、この日一番の盛り上がりに感じた。

 

MVと同じようにステージ上段で、ステップを踏みながら演奏する民生とEBIとテッシー。演奏はカッコいいのに、3人の動きはイマイチ合っていないのが愛おしい。民生がサックスを吹く姿も印象的だ。

 

中盤ではピアノの上でキレのないダンスを踊りながらサックスを吹く民生。ピアノの演奏を止め、民生の股の間に入り込みながら歌うABEDON。2人のイチャつくパフォーマンスに湧き上がる客席。

 

「あんなに動いて演奏するもんじゃないよ。怪我するよ。スカパラじゃないんだらから」と民生に怒られるABEDON。「今日は川西くんがみやぞんみたいな髪型でキマってるから、楽しくなっちゃった......」と川西に責任を擦りつけつつ反省していた。

 

EBI「狙った魔物は......」

民生「は?魔物ってなに?」

EBI「狙った魔物は......ドラクエ!」

ABEDON「ドラクエ???は???」

 

再びEBIが意味不明は曲紹介をしてから、彼がボーカルを務める〈狙った獲物は逃さねえ〉という歌詞から始まる『米米米』を、ステージを動き回りながら披露。

 

歌い終わってから「魔物って何?」「ドラクエってどういうこと」とメンバーからツッコマれていたが、EBIはシカトして涼しい顔をしていた。

 

ドラクエへの疑問が残る空気は、ロックの力によってかき消して塗り替えてくれる。メンバーがドラムの周りに集まり、お尻をプリプリと振ってから演奏した『Boys & Girls』で最高のロックを鳴らしてくれた。

 

ステージには銀テープが舞い、ライブが終盤に差し掛かっている音を感じさせて、少しだけ切なくなる。

 

そしてユニコーン流のダンスミュージックである『チラーRhythm』でファンを踊らせ、重厚なサウンドが印象的なRadioheadのオマージュ曲『オレンジジュース』で痺れさせる。やはりどれだけふざけたとしても、音楽に対しては真摯だ。

 

ここまでは最新アルバムと再結成後の楽曲が中心だった。彼らが懐メロバンドではなく、現在進行形のロックバンドということを伝えるようなセットリストだった。

 

しかし過去を蔑ろにしているわけではない。再結成以前の楽曲も、1曲だけ披露された。

 

民生「狙った魔物は.....ドラクエ!狙った獲物は.....ない!」

手島「どういうこと???」

民生「狙った車は.......売れていた!狙った電話は......三年後!つまり、車も電話もない!」

 

EBIに影響を受けた民生の意味不明なMCから始まったのは『車も電話もないけれど』。

 

30年前に発表された楽曲だが、その魅力は色褪せない。文明開化が行われた明治時代が舞台の歌詞は、令和になっても個性的だ。

 

民生は「雑に」ではなく「ワイルドに」歌っていたように感じる。民生が間奏で「ありがとう!」と叫ぶ姿や、アウトロを指揮者のようにバンドに支持して伸ばしている姿が印象的だった。

 

本編ラストに披露されたのは『ツイス島&シャウ島』。

 

最新アルバムの表題曲であり、メンバー全員が共同で作詞作曲した楽曲。そしてロックンロールへの愛が詰まった内容の楽曲。

 

間奏では全員で「Hey!」と叫ぶ。もしもコロナ禍でなければ、ファンも一緒に叫んでいたのだろう。いつか一緒に叫べる日が来た時は、もう一度ライブで聴きたい。

 

アンコールでもユニコーンは、相変わらずふざけつつもロックなライブを見せてくれた。

 

ABEDON以外の4人だけが先に出てきて、BADHOPのようなポージングをしてから楽器を持ち準備を始める。

 

f:id:houroukamome121:20211022211722j:image

↑これがBADHOP

 

そして重厚なビートを鳴らして『RRQ』を始める。演奏の途中でABEDONも登場し、ハンドマイクでクールに歌う。バンドのグルーヴは最高だ。

 

しかしやはり、このバンドはふざけてしまう。

 

「車もないし♪電話もないし♪」と『車も電話もないけれど』の歌詞を何故か歌い始めたかと思いきや、「手紙も来ないし♪住所話わからないし♪仕方がないし♪」と『おなしな2人』の歌詞を歌い始めるABEDON。他の4人はそれを当然に受け入れて演奏を合わせる。おかしな5人である。

 

とはいえやはり、このバンドは最高のロックバンドでもある。

 

「ちょっとずつ状況は変わってきていますが、先のことはわかりません。でもまた会えるかと思います。それなりに頑張っていくので、また観にきてください」と民生が語り、最後に『KEEP ON ROCK’N ROLL』を演奏した。

 

「ロックンロールを続ける」という意味のタイトルである楽曲。

 

結局のところ、ユニコーンはロックからブレないのだ。それを感じさせるような、骨太で芯のある演奏だった。ロックバンドであることを、言葉でなく音楽でしっかりとオーディエンスに伝えている。

 

だからライブを体感すれば、彼らのロックバンドとしての演奏に痺れてしまう。日本のロックシーンに大きな影響を残したことも、納得してしまう最高のロックを鳴らしている。

 

そんなカッコいいバンドなのに、民生とABEDONは謎のダンスを踊ってからステージを去っていった。やはり、ユニコーンはふざけたことばかりする。

 

しかしそれもこのバンドの魅力だ。適度にふざけつつ、それなりに頑張りつつ、KEEP ON ROCK’N ROLLするためにバンドを続けて欲しい。

 

◾︎2021年10月17日(日) ユニコーンツアー2021「ドライブしようよ」 立川ステージガーデン セットリスト

1. ZG
2. WAO!
3. スペースカーボーイズ
4. 紅CAR ABEDON 民生 かけあい コールアンドレスポンス
5. 短歌のやつ
6. 西の外れの物語
7. R&R はぐれ侍
8. ロックンローラーのバラード
9. 夢 Me Tender
10. ミレー
11. Go Back Is Alright!
12. 米米米
13. Boys & Girls
14. チラーRhythm
15. オレンジジュース
16. 車も電話もないけれど
17. ツイス島&シャウ島

EN1. RRQ
EN2. KEEP ON ROCK’N ROLL

 

↓関連記事↓