オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

【ライブレポ・セットリスト】フジファブリック『I FAB U FAB ME』第一部 @KT Zepp Yokohama 2020.11.13

※アンコール以外は第一部のレポートです

I FAB U FAB ME

 

フジファブリックはライブを行うことで、中止になったツアーをやり直そうとしていると思った。

 

KT Zepp Yokohamaで行われたフジファブリックのワンマンライブ。タイトルは『I FAB U FAB ME」。

 

コロナの影響でほとんどの公演を残して中止になってしまったライブツアー『I FAB U』に、「FAB ME」という言葉を付け加えたタイトル。

 

 

ツアーの内容を再現するという意味と、さらに進化した演奏を見せるという意味が込められているのかもしれない。

 

f:id:houroukamome121:20201113235017j:image

 

1曲目に鳴らしたのは『破顔』。

 

バンドにとって特別なライブになった大阪城ホール公演で最後に演奏され、中止になったツアーの1曲目に演奏された楽曲。

 

破顔

破顔

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

闇を切り裂け さあ鳴らそう

遮るものは何もない 何もない

さあ行こう

 

色々な意味で先が見えない世の中。このフレーズがより力強く会場に響きわたる。

 

客席からは歓声が出せない。その代わりに真剣な眼差しでステージを観て、音楽やメッセージを受け取ろうとしている。

 

そして『Green Bird』で壮大な演奏を真っ直ぐ鳴らし、『Sugar!!』で盛り上がりを爆発させる。

 

Sugar!!

Sugar!!

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

カラフルな照明がステージを彩る中での『Sugar』。

 

山内総一郎が手拍子を煽り、ベースの加藤慎一はサビ前に両手を広げて煽る。最初の2曲で少しづつ熱気を帯びた会場の温度が、一気に急上昇するような盛り上がり。

 

そのパフォーマンスはコロナ禍以前のライブと変わらない。さらに言えば途中で中止になった『I FAB U』ツアーとも変わらない。

 

そしてここまでのセットリストの流れは、中止になったツアーと全く同じだ。この後も順番は違うが『I FAB U』とほとんど演奏曲が被っている。

 

だから自分は「ツアーをやり直す」という意味と、「進化させた演奏を聴かせる」という意味を、久々のワンマンライブから感じた。

 

前半

 

「フジファブリックです!ライブハウスに帰ってきたぜ!」といつも以上に大きな声で挨拶をする山内聡一郎。

 

歓声を出す代わりに、いつも以上に大きな拍手で応えるファン。

 

山内「立ち上がって腕をあげたり手拍子するのはOKです。歌ったり大声を出すのはダメだけど、笑うのは良いみたいです」

 

金澤「笑われるのには慣れてるんで、ぜひとも笑ってください!」

 

客席「・・・・・・・」

 

金澤「こういう時にお客さんは笑ってくれない」

 

山内「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃああああああwwwwww」

 

金澤「・・・・・・・」

 

MCでスベって会場が凍りついたとしても、演奏はスベらずに会場を温めるフジファブリック。

 

加藤のベースソロから『LET’S GET IT ON 』が始まると、音楽の力でスベったMCを忘れさせる。

 

LET'S GET IT ON

LET'S GET IT ON

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

変態的で怪しげな曲。それでいてセッションの要素が強いので、演奏技術の凄さを感じる曲。

 

マニアックな曲なのに盛り上がる。そんな不思議さも持ち合わせている。これぞフジファブリックの本領発揮とも言える。

 

「クラップ!ユア!ハァァンズ!」と山内が手拍子を煽る。

 

そしてブラックミュージックの影響を感じるリズムと、ジャジーなピアノの音が印象的な『robologue』へと続ける。

 

robologue

robologue

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

山内は序盤ハンドマイクで、ジャズシンガーのようにゆったりとステージを動きながら歌う。

 

中盤ではギターソロからの金澤ダイスケのピアノソロへとつなげたりと、動きだけでなく演奏でもしっかりと盛り上げた。

 

「ありがとう」と山内が一言だけつぶやいて、少しの間が空く。

 

アルペジオで優しくギターを奏でると、サポードラムの伊藤大地と目配せをし、演奏が始まる。

 

次の曲は『若者のすべて』だ。

 

若者のすべて

若者のすべて

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

ファン以外にも知られている代表曲で、多くの人に愛されている夏の終わりの名曲。

 

そういえば今年は花火を見ていないと気づく。最後どころか最初の花火も見れていない。

 

おそらく今年は花火を見れないだろう。花火も気軽に見れない世の中になってしまった。そんなことは去年まで想像もできなかった。

 

コロナによって様々なことが変わった。『若者のすべて』を聴いて、今までとは違う感情によって感傷的になってしまった。

 

でも音楽は何があっても変わらずに存在している。こうして制限がある中でも、変わらない音楽を届けてくれている。

 

変化を受け入れることで、本質は変わらないことを証明できるのだと、この日の『若者のすべて』を聴いて感じた。

 

後半

 

客前で演奏できる喜びを噛み締めるように、「同じメンバーでまたライブが出来て嬉しい」と語る山内総一郎。そしてメンバー紹介をしていく。

 

「みなさんもしかして、金澤ダイスケ生誕祭ぶりにライブを観た人もいますか?」

 

メンバー紹介で行った金澤ダイスケの話しで、なぜかザワつく会場。

 

 

コロナ禍になる前に最後に関東で行われたライブは、金澤ダイスケの誕生日を祝うカオスな内容のライブだった。

 

それを思い出したファンが多いのだろう。

 

会場に行けなかったファンにも、そのヤバさは噂で伝わっている。色々な意味で伝説のライブだ。

 

彼の後ろの仕切りには、なぜか『金澤ダイスケ生誕祭』で販売された、カオスなブランケットが飾られていた。

 

f:id:houroukamome121:20201113234230j:image

 

当然のように自然に飾られているので、本人もメンバーも誰もその事に触れなかった。ファンも見て見ぬふりした。

 

『I FAB U』ツアーは今までの感謝と愛を伝えるためのツアーでした。だから中止になったことが凄く悔しくて、Twitterの上の段(おそらくプロフィール欄のこと)に「ツアー開催中」と書いていたけど、なかなか消せなかったです。

 

それもあったから、今回こうして開催できて本当に嬉しいです。俺はみんなにアイラブユー♡と言うの、恥ずかしくないんだよ♡

 

この愛を音楽に変えてみんなに届けます。

 

そして山内がGのコードをぽろんと鳴らし、それを合図にバンド全員の演奏が重なり、『手紙』が演奏される。

 

手紙 (Album ver.)

手紙 (Album ver.)

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

シュールなMCとは打って変わって、胸に突き刺さる演奏と歌声。

 

この曲は今のフジファブリックにとって特別な曲で、様々な想いや愛が詰まっている。

 

まさに愛を音楽にして届けるような曲である。

 

ここから後半戦に入ることを合図するように、最新アルバム収録曲で新たなライブ定番曲『Feverman』で盛り上がりを加速させる。

 

Feverman

Feverman

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

この曲はファンも一緒に踊る振り付けがある。

 

後半では加藤慎一も一緒に踊り、会場の一体感が高まった。それにしても加藤のダンスは、とてもしなやかな動きで美しい。

 

山内が曲名を叫んで『星降る夜になったら』へと繋げる。

 

星降る夜になったら

星降る夜になったら

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

明るく華やかな演奏が会場に響く。客席は歓声の代わりに手拍子や腕をあげてバンドに応える。

 

サポートドラマーの伊藤大地は今年からフジファブリックに参加しているが、彼のドラミングは疾走感が重要なこの曲と相性が良い。

 

『LIFE』は原曲とは違うピアノのイントロから少しづつ聴き慣れた演奏に変わっていくという、いつもとは違うアレンジで始まった。

 

LIFE

LIFE

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

音源とは違うアレンジを聴けることもライブの魅力である。これはCDを聴いているだけでは味わえない感動だ。

 

「クラップ!ユア!ハァァンズ!」と山内が手拍子を煽る。

 

「クラップ!ユアハァァンズ!」という言葉が今日はお気に入りな様子の山内聡一郎。ちなみに第二部では「クラップ!ユアハァァンズ!」を言わなかった。第一部で言いまくって満足したのだろう。

 

「クラップ!マイ!ハァァンズ!」する客席。それによって多幸感に満たされる会場。

 

サビでは今までのライブと同じように手を振って盛り上がる。コロナ禍で歌ったり歓声を贈ることができなくても、今までと変わらずに音楽を楽しめている。

 

今日まで皆さんの光に照らされることで、自分たちは活動ができました。これからは僕らが皆さんの未来を照らす光になりたいです。そんな想いを込めて曲を書きました。今年は色々と大変なことがあったし、これからも大変なことはあると思うんですけれども、これから皆さんに光溢れる未来があると信じて歌います。

 

短いMCの後に披露されたのは、新曲の『光あれ』。これが最後の曲である。

 

明るい音色と心地よいリズム。サビでは照明が客席を眩しく感じるぐらいの光で照らす。

 

光あれ

光あれ

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

コロナ禍以前に制作された楽曲だが、今の世の中ではより歌のメッセージが胸に響く。

 

本来持っていた以上の意味を『光あれ』は持ってしまった。そしてより多くの人に希望を与えてくれる楽曲になった。

 

「みんなの未来に光あれ!」

 

曲終わりに叫んだ山内聡一郎の声が、真っ直ぐ胸に刺さった。

 

アンコール

 

このご時世だから、今後のライブも行えるかどうかや、どのように行うことになるかは変わっていくかと思います。でもこうして生でライブをやれることは嬉しいことですし、これから先は明るい未来があると思います。ツアーもいつかまたやりたいです。

 

アンコールで再びステージに登場したフジファブリック。今の想いを語り、客席から盛大な拍手が贈られる。

 

そして12月2日にEX THEATER ROPPONGIでアコースティックライブ『FABRIC THEATER』をおこなうことを山内から発表された。

 

ちなみにこの発表は第一部では発表する予定ではなかったらしく、金澤は「これは僕らと君との秘密だからね。SNSに投稿しないでね。第二部で発表する予定だったから」と言っていた。

 

それに対して「え?言っちゃいけないんだったっけ?」とスッとボケる山内聡一郎。「言っても良いんだけど、SNSで広まっちゃったら二部で発表した時にサプライズ感がないから」と金澤ダイスケに注意される。

 

ゆるゆるいっちゃってるMCからギャップを感じるような演奏で『SUPER!!』を披露。

 

三人が前に出てきて煽ったりとラストにして盛り上がりをピークに持っていった。

 

SUPER!!

SUPER!!

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

見事に大団円となったライブ。

 

最後は客席と一緒に写真撮影をして終了。山内が「みんな!口角を上げてね!」と言っていたが、全員マスクをしている。相変わらずの山内聡一郎だ。

 

写真撮影をしている時、BGMとしてThe Beatlesの『In My Life』が流れていた。

 

イン・マイ・ライフ

イン・マイ・ライフ

  • ビートルズ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

その歌詞には下記のフレーズがある。

 

All these places have their moments
僕はこれまでの全ての場所のことも

With lovers and friends I still can recall
恋人や友達のことも思い出せる

Some are dead and some are living
死んでしまった人もいれば、生きている人もいる

In my life I’ve loved them all
わたしは人生において、その全てを愛してきた

 

中止になってしまった『I FAB U』ツアーは「みんなに感謝と愛を伝えるためのツアー」とメンバーは語っていた。

 

今回行われた『I FAB U FAB ME』もテーマは同じだ。有観客ライブと共に配信も行なったため、より多くの人に感謝を伝えることができたライブかもしれない。

 

そして山内は「俺はみんなにアイラブユー♡と言うの、恥ずかしくないんだよ♡」と言っている。

 

その表情に照れている様子もなかった。本心から思っていることだから、本当に恥ずかしくないのだろう。聴いているこっちは、少し照れちゃう。

 

そんな想いを自身の演奏する音楽だけでなく、BGMでも伝えていた。彼らが音楽やファンのことを愛しているからこそ、ここまでこだわっているのだろう、

 

第二部ではアンコールに『STAR』が追加されていた。

 

STAR

STAR

  • フジファブリック
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

「会場とか配信とか関係なく、みんなと繋がっていけるのは音楽があるからです」

 

演奏前にはこのように語っていた。自分もその通りだと思う。

 

ライブでなくともCDで音楽を聴いても繋がっていると思う時はある。ラジオやテレビでふと流れた時も同じだ。

 

お店の有線でフジファブリック流れた時も嬉しくなる。これも繋がっているということだろうか。

 

まだ通常のライブを行うことは難しいかもしれない。全国ツアーはしばらくできないだろう。それでも音楽は変わらないし、フジファブリックも変わらない。音楽があれば繋がっていけるはずだ。

 

フジファブリックに、フジファブリックのファンに、音楽を愛する人に、光あれ。

 

 フジファブリック『I FAB U FAB ME』@KT Zepp Yokohama 2020.11.13
■セットリスト

 1.破顔
 2.Green Bird
 3.Sugar
 4.LET’S GET IT ON 
 5.robologue
 6.若者のすべて
 7.手紙
 8.Feverman
 9.星降る夜になったら
10.LIFE
11.光あれ

EN1.SUPER!!
EN2.STAR ※第二部のみ

 

↓フジファブリックの他の記事はこちら↓