オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

【レビュー】矢川葵オススメのイヤホンAVIOT TE-D01dでMaison book girlを聴いてみた感想

信頼できる矢川葵

 

 

定期的に自撮り写真をアップロードし、ファンサービスを欠かさない矢川葵。Maison book girlというグループのメンバーだ。

 

ブクガはメンバーの可愛らしさだけでなく、音楽も魅力的。唯一無二の個性を持っているグループ。楽曲はクオリティが高い。音楽が好きならば聴いて損はないグループだ。

 

ライブでは時に芸術性すら感じるパフォーマンスをする。そのパフォーマンスに引き込まれてしまう。

 

音楽とライブパフォーマンスのクオリティには絶対的な信頼を自分はブクガに持ってる。

 

 

矢川葵は自身の使用しているイヤホンを紹介していた。 AVIOT TE-D01dというイヤホン。自分も同じものを購入し使用してみた。色も同じものを購入。矢川葵とおそろいである。おそろいである。おそろいである。

 

f:id:houroukamome121:20190522142538j:image

 

イヤホンを使用して感じた。

 

矢川葵を信用できる部分は可愛らしさや音楽のクオリティだけでない。イヤホン選びのセンスも信用できる女だと。

 

イヤホンを使い始めて1日経つ。これは良いイヤホンだと確信。1万円代で買えるイヤホンではトッップクラスの音質かもしれない。

 

これからは可愛さとセンスの良さに敬意を持って、矢川葵ちゃん様と呼びたい。それほどAVIOT TE-D01dを紹介してくれた矢川葵ちゃん様には感謝をしている。

 

矢川葵ちゃん様の歌声を聴いてみた

 

AVIOT TE-D01dを使用することで、ブクガのメンバーの歌声がより一層魅力的に感じる。

 

Maison book girlは4人組。ユニゾンで歌うことも多い。4人の歌声が重なり1つになることで楽曲の魅力を高めているが、AVIOT TE-D01dで曲を聴くとユニゾン部分では気づかなかった魅力にも気づく。

 

このイヤホンならばユニゾン部分でも4人それぞれの歌声が聴き分けることができるのだ。これは小さなスピーカーや安いイヤホンでは気づかなかった。もちろん矢川葵ちゃん様の歌声もわかる。

 

声質の違う4人が重なり一つの歌になっていることも魅力だが、1人1人それぞれの歌声も魅力的だったと気づく。

 

特に「rooms」という曲をAVIOT TE-D01d聴いてほしい。

 

この曲にはブレイク部分でメンバーが息を吸う音も収録されている。AVIOT TE-D01dで聴くと、まるでメンバーが自分の耳元で息を吸っているような臨場感を感じる。

 

矢川葵ちゃん様が側にいるような感覚になる。息を吸う音までも音楽として楽曲にとって必要不可欠な重要な音になっている。

 

これは、AVIOT TE-D01dを使用して聴いたからこそ感じることができた音。すべては紹介してくれた矢川葵ちゃん様のおかげだ。

 

Maison book girlを聴いてみた

 

AVIOT TE-D01dでブクガの曲を聴くとバックトラックのかっこよさに痺れてしまう。矢川葵ちゃん様のおっしゃる通り、より一層かっこよく感じる。

 

ブクガは他のアーティストの楽曲ではあまり使われない音も使用されている。イヤホンだとそれぞれの音が鮮明に聴こえる。それが刺激的だ。良いイヤホンを使用すればスピーカーで聴くよりもさらに顕著に感じる。

 

歌メロのバックで楽器では違うメロディを弾いていたりと個性的な編曲もある。小さなスピーカーや安いイヤホンでは目立つ歌声に注目しがちだ。しかし、AVIOT TE-D01d様々な音が綺麗に聴こえるので、バックトラックの今まで気づかなかった魅力にも気づくことができる。

 

矢川葵ちゃん様が「より一層かっこよく感じる」と思った感覚は間違いではない。さすが、俺たちの矢川葵ちゃん様だ。

 

AVIOT TE-D01dで聴いたからこそ感じることができた音。すべては紹介してくれた矢川葵ちゃん様のおかげだ。

 

AVIOT TE-D01dでブクガのライブを聴いてみた

 

 

Maison book girlのライブもカッコいい。公式がYouTubeにライブ動画をアップロードしている。これをAVIOT TE-D01dで聴いてみるとより刺激的だ。

 

会場の臨場感を感じる。演奏だけでなく会場のノイズやざわめきまで聴こえる。まるで会場にいるような気分。これもAVIOT TE-D01dで聴いたからこそ感じる感覚。

 

しかし、臨場感はあるが録音環境は悪い。そのため音が良いとは言えない音源。良いイヤホンだと録音環境の良し悪しもわかってしまう。それも音楽の楽しみ方の一つかもしれない。

  

ちなみにこのライブでドラムを叩いているピエール中野もAVIOT TE-D01dを使用している。いつもツイッターでは「おはピエ」と意味不明な挨拶を毎朝おこなっているピエール中野。しかし彼のドラムの腕は確か。素晴らしいドラムを叩く。

 

AVIOT TE-D01dを買えばピエール中野も認めた素晴らしいイヤホンを使うことができる。すべてはオススメしてくれた矢川葵ちゃん様のおかげだ。

 

AVIOT TE-D01dでピ様のサポートドラムを聴いてみた

 

ピエール中野は様々なアーティストでドラムを叩いている。有名売れっ子ドラマーである。繊細なドラムも叩くことができる。

 

私立恵比寿中学の「面皰」という曲もピエール中野がドラムを叩いている。手数は少ないが繊細で優しい音。盛り上げてテンションを上げるドラミングというよりも心地よい気持ちにさせるドラミング。

 

「面皰」は可愛らしくポップな楽曲。ピエール中野は個性が強いドラマーだ。しかし最も大切にしていることは自分の個性をアピールすることよりも「楽曲の魅力を最大限引き出すこと」ではと思う。

 

AVIOT TE-D01dで「面皰」を聴いていると、様々な音が使われていることがわかる。このイヤホンは音の分離が良い。そのためそれぞれの楽器の音もきちんと聴き取れる。

 

「こんな音も使われていたのか」と今まで気づかなかった音にも気づき驚く。細かな演奏や編曲によって音楽が作られていると気づく。

 

それはAVIOT TE-D01dで聴いたからこそ感じることができた音。すべては紹介してくれたピ様のおかげだ。

 

AVIOT TE-D01dで凛として時雨を聴いてみた

 

ピ様の本業は凛として時雨のドラマーとしての活動。時雨の活動は少ないが、これが本業。本業、だよね?

 

歪んだギターとベース。アップンテンポで激しい楽曲。その中でもひときわ印象的なのはピ様の叩くドラムだ。とんでもない手数のドラム。そのドラミングが楽曲の要でもあり、バンドとして必要不可欠な音になっている。

 

AVIOT TE-D01dで聴いてみる。このイヤホンは低音にも高温にも偏ることなく、中音域が最も綺麗に鳴っているように感じる。 そして一つ一つの音が綺麗に聴こえる。激しい演奏でもそれぞれの楽器の演奏は雑ではなく丁寧だとも感じる。

 

聴いてテンションが上がるだけでなく、聴き入って時雨の音楽を楽しむこともできる。。それはスマホのスピーカーや付属のイヤホンでは感じることができない体験だ。

 

「Telecastic fake show」の最後で鳥肌が立つ。楽曲の最後でピ様がドラムスティックを置く音が収録されているのだが、その音が生々しい。まるで側でピ様がスティックを置いた音を聴いたような臨場感。スティックを置いた時の残響まで感じる。

 

先ほど紹介したエビ中の「面皰」とはまったく違うアプローチの演奏。ピエール中野のドラミングの幅広さと実力の高さを感じる。

 

 これはエビ中の凛として時雨を聴いたからこそ感じる感動。すべては素晴らしい演奏をしてくれたピ様をはじめとするバンドメンバーのおかげだ。

 

ピエール中野は良いぞ!

 

ピエール中野のことをピ様と呼ぶ風潮が気に食わなかった。なぜに「様」をつけなければならないのかと。

 

ドラムはめちゃくちゃ上手いし個性的。Twitterでの対応もファン想い。毎朝「おはピエ」と挨拶することも欠かさない。たぶん良い人。

 

それでも「様」をつける理由に納得いかなかった。ピさんやピちゃんで良いのではと思う。中野さんや中野くんでも良いじゃないかと。

 

しかし、今では自然とピ様と自分も呼んでしまっている。呼ばざるを得ないほど彼のドラムに感動しているからだ。

 

この記事で伝えたかったことは「凛として時雨は良いぞ!ピエール中野は良いぞ!」ということだ。

 

なんか他のことを伝えたくて書いていたような気がして少しモヤモヤするが、まあ、いいだろう。

 

ちなみにピエール中野のドラドラムを聴く際にオススメのイヤホンがある。

 

このイヤホンを使用すると楽曲の魅力やピ様のドラムの魅力がより一層引き立つ。オススメのイヤホンは下のリンクで紹介している。是非とも下の記事を読んで「オススメのイヤホン」を購入し使って聴いてみてほしい。

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

【レビュー】ピエール中野のドラムを聴く時にオススメのイヤホンについて