オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

ネクライトーキーは絶対に売れるから聴いておきなさい

絶対に売れます

 

ネクライトーキーというバンド、絶対に今のうちから注目するべき。注目しておいて損はない。

 

ネクライトーキーは売れます。これは絶対に。バンドとしての実力もグングン成長してくはずです。これも絶対に。

 

f:id:houroukamome121:20180528171112j:image

 

音源が良いことはもちろん、ライブが凄く良い。売れる前のバンド特有の勢いやオーラがる。演奏でもパフォーマンスでも楽曲でも、観ている人の心を掴むんだ。

 

ネクライトーキーはまだCDを全国流通していない。通販もしくはライブ会場か一部のCDショップ(タワーレコード渋谷点、NU茶屋町店、名古屋パルコ店)でしか購入することができない。配信もされていない。

 

しかも結成して1年も経っていない。まだアマチュアバンドのような活動をしているのだ。

 

そのため、全国のCDショップでCDを売っているアーティストよりも存在を知られる機会が少ない。それにも関わらずYOUTUBEの公式MVは再生数が50万回を超えたり、すでに音楽ファンの間では話題になりつつある。

 

なぜネクライトーキーは注目され始めているのか。それは、他のバンドにはない一癖も二癖もあるバンドの魅力と、バンドのコンセプトに忠実に名曲を作っているからではないだろうか。

 

バンドだからできるキャッチーさとカッコよさ

 



ネクライトーキーの曲はキャッチーな歌のメロディとハム太郎みたいな声のボーカルが印象的なのだ。一度聴いたら忘れられない。ポップな印象もあり、でロック好きだけでなくJ-POPが好きな人にも受け入れられそう。

 

しかし、ただキャッチーでポップなバンドというわけではない。演奏はロックバンドの音。バンドでなければできない演奏なのだ。

 

上の動画の『オシャレ大作戦』という楽曲では「オーケストラヒット」という演奏方法が多く取り入れられている。

 

オーケストラヒットとは、演奏するメンバー全員が同時に音を出すことを言う。「オシャレ大作戦」でいうとイントロの「ジャジャジャジャン!ジャジャジャジャン!ジャジャン!」の部分がそうだ。

 

これ、簡単なようでメンバーの息が合わなければ音がずれてしまう。歌も印象的だが、演奏も印象に残る編曲。

 

一つ一つの楽器の音を聴いても魅力的な演奏をしている。ギターのリフも印象的だし、動き回るベースラインがカッコいい。 キーボードの演奏は楽曲の要ともいえるほど前面に出ているし、ドラムも面白いフレーズを叩いている。

 

キャッチーなメロディとキレキレなバンドの演奏の組み合わせが他にはない魅力にもなっている。

 

バンド名とつながる歌詞

 

ネクライトーキーの”ネクライ”は根暗と暗いとcryを掛け合わせた造語だ。曲だけ聴くとキャッチーで明るい印象もあるかもしれない。

 

しかし、ネクライトーキーの歌の主人公は根暗な主人公が多い。明るい曲と暗い歌詞のギャップが個性にもなっている。

 

涙が出たって 大人なら

誰にも見せないで終わらせないと

そうやって嘘もつく

ちょっとオシャレでしょ?

反吐が出るなあ

 

上記は「オシャレ大作戦」の歌詞だ。曲調は明るく曲名も可愛らしいのに、歌詞は暗いしひねくれている。根暗な人の叫び(cry)にも感じる。

 

しかし、ただ根暗で暗いだけではない。その根暗な部分は一筋縄ではいかないのだ。

 



「だけじゃないBABY」という楽曲ではこのように歌っている。

 

世界が終わる

「きみはどうする?」

六畳一間で僕はただ

NUMBER GIRLを聴いていた

 

これも暗い。根暗だ。そして、この根暗な部分はNUMBER GIRLを知っている人にしか伝わらないだろう。

 

NUMBER GIRLは2002年に解散した今でも多くミュージシャンに影響を与えている伝説のバンド。

 

透明少女

透明少女

  • ナンバーガール
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

ギターの音作りはネクライトーキーもナンバガから影響を受けているかもしれない。

 

伝説のロックバンドではあるが、根暗な人に好まれるバンドでもある(偏見)。六畳一間でNUMBER GIRLを1人で聴いている状況は明るいパリピな人達はしない。向井秀徳みたいな見た目で性格も暗い人がやることだ(偏見)。

 

このように一部の人にしか伝わらないが、その一部の人が思わずニヤリとしてしまうフレーズもあるところが面白い。

 

本当のことはわからない

今も誰かが僕を悪く言うよ

相当愚かなだけじゃない

すべて飲み込んで今日も笑うから

ちょっとは元気を出しな

 

 ただ根暗で捻くれた歌詞かと思ったらそれだけではない。最終的には「元気を出しな」とはげましてくれる。暗い歌詞のバンドはたくさんいるがネクライトーキーは暗いだけでは終わらない。それがバンドの個性でもあり他にない魅力の1つだと思う。

 

ライブの魅力

 



 上のライブ動画を観てほしい。ネクライトーキーは音源も良いのだが、ライブが音源以上に良い。

 

演奏も音源よりも音が重い。演奏が上手い。エモい。CDではかわいらしく歌っていたボーカルもライブでは叫ぶし感情をむき出しにし歌う。他のメンバーもフロアを煽って盛り上げる。

 

音源ではポップでかわいらしさもある。しかし、ライブはゴリゴリのロックバンド。カッコいい。

 

 音源を超えるキレキレの演奏と激しさのギャップにライブを観た人は虜になるのではと思う。

 

今のうちに注目すべき理由

 

ネクライトーキーの魅力は「ギャップ」だと自分は思っている。

 

キャッチーでポップでありながら、バンドの演奏に凝っていてカッコいい。明るい曲調ながら歌詞は根暗でひねくれている。ライブでの音はCD以上にゴリゴリのロックバンド。そのギャップに衝撃と魅力を感じてしまう。

 

他にも同じようにネクライトーキーにハマっていく人がどんどん増えているように思う。だからこそ、今のうちから注目すべきなのだ。

 

 

まだ全国流通のCDを販売していないネクタイトーキー。自主製作で限られた枚数だけCDを作っている。そして、すでに1stシングルと2ndシングルは廃盤になっていて手に入れることができない。

 

今音源を手に入れておかなければ聴くことが難しくなってしまうかもしれない。先日発売された3rdシングルも廃盤になる可能性もある。

 

 少しでも良いと思ったらすぐに音源を手に入れた方がいい。足を運べるならチケットも取りやすく近くで観られるうちにライブへ行った方がいい。ネクライトーキー、結成して1年弱だが、既に大きな会場で通用するライブをやれるポテンシャルはあると思う。

 

そして、まだまだ進化してさらに良いバンドになりそうな予感すらする。今後、早いうちに人気が急上昇するよ。きっと。

 

ネクライトーキーは絶対に売れるから聴いておきなさい。後悔はしないはずだから。