オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれた思想の音楽コラムと音楽エッセイ

DYGL(ディグロー)というバンドがかっこいいのでおすすめ曲、代表曲、アルバムを紹介

Hatena Feedly

若手バンドとは思えない渋くてかっこいい音

f:id:houroukamome121:20161214120729j:plain

 

スペースシャワーTVを観ていると、音がほかの流れているバンドとは全く違う系統の音楽のMVが流れ、思わず釘付けになった。

 

聴いた感想。

これって日本のバンドなの?

 

海外の60年代のロックのような曲。

一つ一つの音が聴いていて気持ちいい。

かなりバンドの構成はシンプル。

音の鳴らし方もシンプル。

 

しかし、それなのに、それゆえにか、存在感のあるバンド。

 

読み方はDYGLと書いてディグローと読む。

 

その場ですぐにバンド名と曲名をメモって調べた。

 

 

DYGL(ディグロー)とは

2012年に結成されたバンドで、すでに海外でも活動をしているバンド。

 

メンバーは以下の4名。

Yosuke Shimonaka(ギター)

Nobuki Akiyama(ボーカル・ギター)

Kohei Kamoto(ドラム)

Yotaro Kachi(ベース)

 

4人組のバンドで、メンバーのうちの3人は2016年末に活動休止した、Ykiki Beat(ワイキキビート)のメンバーでもある。

 

Ykiki Beatは音楽ファンならば名前は知っていたり、曲は聴いたことある人が多いのではと思う。

多くの音楽関係者やバンドマン、音楽雑誌や音楽メディアに絶賛されていた。

ソニーのCMにも使用されたりと、音楽にそれほど詳しくない人でも少しは聴いたことがあるかもしれない。

 

Ykiki Beatも洋楽的なアプローチをしていたが、DYGLに関しては、より古い年代のインディーロックを鳴らしているような印象だ。

 

こういった音を鳴らしている日本のバンドは2000年代でもTHE BAWDIES(ボウディーズ)などがいた。

ちなみにTHE BAWDIESは今でも大きな会場でライブをやっている人気バンドだ。

 

しかし、DYGLはそれよりもより、マニアックなところを攻めているように感じる。

ぜひともロックファンには、人気が出る前にチェックをしてもらいたいバンドだ。

 

そこで、おすすめの曲や代表曲を紹介していく。

 

Let It Out(収録アルバム:Say Goodbye to Memory Den)

 ↓画像クリックで動画が開きます。


DYGL - Let It Out (Official Video)

 

この曲が自分がスペースシャワーで釘付けになってしまった曲だ。

演奏も歌声もかっこいい。

MVも印象に残る。

 

サビも思わず口ずさんでしまいそうなメロディ。

 

この曲は下記の音楽専門チャンネルでプッシュされていて、4月はかなりの頻度でMVが流れていた。

MTV 4月度「HOT SEAT」
http://www.mtvjapan.com/music/hotseat/

SPACE SHOWER TV 4月度「it!」
http://www.spaceshowertv.com/powerpus...

MUSIC ON! TV 4月度「M-ON! Recommend」
http://www.m-on.jp/recommend/

 

インディーロック的なアプローチを日本のバンドでここまで再現できているバンドは数少ない。

収録アルバムは4月19日に発売された最新アルバム。 

Say Goodbye to Memory Den

Say Goodbye to Memory Den

 

 

Let It Sway(収録アルバム:Say Goodbye to Memory Den)

 ↓画像クリックで動画が開きます。


DYGL "Let It Sway" / Out Of Town Films

 

こちらも最新アルバムに収録されている曲。

ストロークスのような演奏でかっこいい。

 

ちなみに、4月にリリースされたアルバムはプロデュースをthe strokesのアルバート・ハモンドJrとthe strokesのプロデューサーでもあるガス・オバークの2名が全曲プロデュースしている。

 

楽曲の完成度が高いことにも納得できる。

 

Don't Know Where It Is(収録アルバム:Say Goodbye to Memory Den)

 ↓画像クリックで動画が開きます。


DYGL "Don't Know Where It Is" / Out Of Town Films

 

ライブ映像。

リフとサビのシャウトがかっこいい。

演奏が若手とは思えない上手さで、ライブでも心地よく聴けそう。

 

こちらも最新アルバムに収録されている。

 

結局、どのCDがおすすめ?

 

実は、DYGL(ディグロー)はまだ全国流通しているCDは2枚しかリリースしていない。

 

1枚はEPのDon't Know Where It Is。

 

Don't Know Where It Is

Don't Know Where It Is

 

 

もう一枚は4月にリリースされたSay Goodbye to Memory Denだ。

 

Say Goodbye to Memory Den

Say Goodbye to Memory Den

 

 

そのため、発売されたばかりのアルバムを聴けば、DYGLの曲はほ全て聴くことができる。

最初はアルバムから聴いてみることをお勧めする。

 

結局、売れそうなの?

 

今年から来年にかけて売れるでしょう!

 

最近ヒットした曲やバンドは、キャッチーさやポップさよりも、音楽性の高さを売りにしてるバンドが多いです。(Suchmosなど)

 

そして、そういった音楽は若者だけでなく、年配の人やコアな音楽ファンも唸らせるような音を出している事が多い。

 

去年から今年にかけて飛躍したバンドの一つにSuchmosがあるが、音楽性は違えど、同じような注目の集め方を

するのではないだろうか。

 

今のうちにチェックをしておこう。