オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

日向坂46『アザトカワイイ』の歌詞から銀杏BOYZの影響を感じる件について

アザトカワイイ

 

日向坂46の『アザトカワイイ』を聴くと、悪い意味で鳥肌が立ってしまう。

 

誤解しないでほしいのだが、自分は日向坂46のことは嫌いではない。

 

むしろ彼女たちの歌い踊る姿やバラエティでの姿を観て、あっという間に虜になって「こんなに好きになっちゃっていいの?」と思うぐらいにハマっている。こんな好きになると思っていなかった。中止になったアリーナツアーのチケットだって取っていた。

 

『アザトカワイイ』で歌い踊るメンバーも最高だ。

 

みんな可愛らしいし振り付けも個性的で観ていて楽しい。曲もメロディがキャッチーで音色も明るくて好きだ。

 

特にYouTubeに投稿された全体のダンスを固定カメラで観れる映像は素晴らしい。宮田愛萌が目立たないこと以外に文句はない。

 

 

しかしだ。どうしても歌詞が好きになれない。

 

特にAメロとBメロの歌詞にドン引きしてしまう。気持ち悪いと思ってしまう。決して宮田愛萌が3列目であることを嘆いた八つ当たりではない。

 

秋元康は変態

 

作詞を行なっている秋元康は変態である。

 

日本一知名度と収入がある変態だ。その変態性で日本の芸能界にに大きな影響を残してきた。

 

彼のプロデュースするグループのファンも、秋元康が変態であることは共通の認識である。

 

AKB48のファンは『ヘビーローテーション』のMVを観ることで康のスケベさを知り、乃木坂46のファンは『おいでシャンプー』のMVでスカートをめくるダンスで康の性癖を知る。欅坂46のファンは平手友梨奈を「友梨奈」と呼ぶ康にドン引きする。

 

康が変態であることについて「ソンナコトナイヨ」と否定する人物はいないはずだ。

 

彼が変態だからこそ個性的で印象的な歌詞になっている場合もある。変態な康の才能によってアイドルの魅力が引き立つことも多い。

 

変態さをキャッチーな音楽に上手く馴染ませて、素晴らしいアイドルソングとして成立させているのだ。

 

しかし康の変態性が大爆発して悪影響を与えることもある。普段は変態性を80%に抑えた歌詞を書いているが、120%の変態性を発揮することもあるのだ。

 

『アザトカワイイ』は、まさに120%の変態性を発揮している歌詞である。

 

 

秋元康の顔が浮かんでしまう

 

また今日も君を見かけたよ (Wow Wow Wow Wow)
じゃなくて 僕が君を探しているのかなあ
女子高生が溢れている (Wow Wow Wow Wow)
ラッシュアワーなのにいつだって目に留まるんだ

カーディガンの 袖口を
少しだけ長めにして
両手でグーしてるのが
アザトカワイイ (ヘイ)

(日向坂46 / アザトカワイイ)

 

 これは『アザトカワイイ』のAメロとBメロの歌詞だ。

 

完全にストーカーの視点である。女子高生が溢れていたら、色々な女子高生を物色するのが普通であるという発想も恐怖である。そもそも「女子高生が溢れる」という表現からしても、なかなかに変態である。

 

しかも「WowWow」したり「ヘイ」したりとノリノリである。

 

寒いからカーディガンの袖口を長めにしてるだけだろうに、勝手に「アザトカワイイ!ヘイ!」と思ってテンションを上げている。思い込みが怖い。

 

見事に釣られました (一気にYeah, Yeah, Yeah)
下唇噛む癖まで
なんだか全部キュンとする


小首をかしげたって (ノックアウトYeah, Yeah, Yeah)
見られているって 意識しているのかな (ヘイ)
もうハマりました

 

サビも変態が大渋滞している。

 

「Yeah,Yeah,」「ヘイ!」とノリノリ具合はさらに加速している。 本人が意識していないだろうに「見られているって意識してるのかな(ヘイ)」と自分の都合の良いように解釈している。

 

たしかに天然ぶりっこは丹生明里しか世の中に存在しないかもしれないが、あまりにも自分勝手な変態発想で怖い。

 

歌詞の主人公は思春期の男子高校生だとは思う。そう考えるとリアリティがある歌詞かもしれない。男子高校生の99%は変態な思想を持っている。

 

しかし歌詞を書いたのは62歳の秋元康。超有名人で顔も知られているオジサンだ。

 

そのため変態性を120%発揮されてしまうと、どうしても秋元康の顔が頭に浮かんでしまう。康が好みの女子高生を電車で観察して、妄想しているように思ってしまう。 

 

つまり歌詞の内容がキモいからダメではなく、秋元康が変態な行動をしている姿が頭に浮かぶ歌詞だからキツいのだ。

 

宮田愛萌が3列目であることを嘆いて、八つ当たりしてディスっているわけではない。じょうきのようにちゃんと理由がある。

 

 

銀杏BOYZと思い込んで聴いてみる

 

秋元さんはアイドルソングをポップスにしたわけよ。例えば『フライングゲット』てサザンなの。あれを桑田さんが歌ったらサザンオールスターズの歌になるわけ。

 

想像してみて。あれはサザンオールスターズ。『ヘビーローテーション』は何かと言うと甲本ヒロト。あれはブルーハーツなわけ。歌詞もよく読んで。歌詞とサウンドをよく聞いて。アイドルの曲じゃなくてブルーハーツだから。

 

あれねブルーハーツの歌。甲本ヒロトなの。全然秋葉原じゃないのよ。みんなが求めているアイドルソングではない。これはそういうことなのよ。秋元さんがやっていることって。みんなが求めているアイドルじゃなくて、ちゃんと音楽を分析して、秋元さんが作っているわけではないけど、秋元さんが選んでいるプロの作曲家が秋元さんのイメージで作って仕上げているわけ。

(引用:【文字起こし】松隈ケンタはAKBもハロプロも好きだし評価している )

 

BiSHなどWACK所属アーティストのサウンドプロデュースを行なっている松隈ケンタが、自身のYouTube配信でこのようなことを言っていた。

 

彼は秋元康のセンスを高く評価し、有名アーティストをオマージュして制作しているのではと仮説を話していた。

 

個人的には共感する考えである。初期の乃木坂46はフレンチポップをやるというコンセプトもあったし、欅坂46もコンセプトがはっきりとしていた。

 

コンセプトの一つとして、特定のアーティストをオマージュしても違和感はない。

 

もしかしたら日向坂46『アザトカワイイ』は銀杏BOYZをイメージして、オマージュして作ったのかもしれない。

 

なぜならば銀杏BOYZの歌詞も変態性が強いからだ。峯田和伸の描く歌詞はキモいしイタイしヤバイ。

 

誤解しないでほしいのだが、自分は銀杏BOYZのことは嫌いではない。

 

GOING STEADYの頃から聴いていたし、デビューアルバムは発売日に購入したぐらいにファンだ。2005年のツアーからライブには足繁く通っているし、『BABY BABY』をライブで聴くと毎回涙腺が緩む。コロナの影響で中止になった横浜アリーナ公演も行く予定だった。

 

しかし銀杏BOYZの歌詞は変態で気持ち悪いと思っている。10人中9人は嫌悪感を持つような歌詞に感じる。そのことはファンも承知した上で好きになっているはずだ。

 

銀杏BOYZの音楽は、綺麗な世界も醜い現実も光も闇も、何もかも全てをさらけ出しているから心に響く。だから歌詞が変態であることも受け入れることができる。

 

むしろ変態だからこそ良いのだ。変態な銀杏BOYZのことが、自分は大好きだ。

 

例えば『SKOOL KILL』はストーカーとしか思えない主人公の歌だし、『あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す』は片思いの女の子への感情が爆発して過激な思想になってしまっている。

 

あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す

あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す

  • 銀杏BOYZ
  • ロック
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 

『夢で逢えたら』も〈君の胸にキスをしたら君はどんな声出すだろう〉という妄想の歌詞から始まり、存在するかもわからない君の恋人を想像したりと変態的な思想である。

 

特定の女の子に対する一方的な愛が強い。そこからの妄想も凄い。『アザトカワイイ』は銀杏BOYZほど過激な歌詞ではないが、思想としては近い部分がある。

 

秋元康も峯田和伸と同様に、感情を剥き出しにして変態な歌詞を書いているのだ。

 

I WANT YOU だぜ
I NEED YOU だぜ
I LOVE YOU べいべー

(ぽあだむ / 銀杏BOYZ)  

I WANT YOU 
I NEED YOU 
I LOVE YOU
頭の中 ガンガンなってるMUSIC
ヘビーローテーション

(ヘビーローテーション / AKB48)

 

 

銀杏BOYZ『ぽあだむ』とAKB48『ヘビーローテーション』はサビに近いフレーズがある。

 

秋元康は『Yeah,』を様々な歌で連呼させるのが大好きなオジサンだが、銀杏BOYZも『SEXTEEN』のサビで『Yeah』を連呼している。

 

ぽあだむ

ぽあだむ

  • 銀杏BOYZ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

言葉選びのセンスも近い。つまり日向坂46はパンクな部分もあって、銀杏BOYZはアイドル的な要素を持っているとも言える。

 

 

見事に釣られました

 

ここまで真剣に読んでくださった方がいるのならば、謝らなければならないことがある。

 

この記事はネタである。本心で書いているわけではない。

 

日向坂46がパンクなわけないし、銀杏BOYZがアイドルな訳がない。

 

秋元康と峯田和伸が似ているわけがない。

 

女の子に歌わせてニヤニヤする秋元康と自らさらけ出して興奮する峯田和伸とは、同じ変態でもタイプが違う。変態を一括りにまとめてはならない。

  

つまりここまで真剣に読んだ人は、見事に釣られました(一気にYeah,Yeah,Yeah)

 

f:id:houroukamome121:20201009191821j:image

 

↓日向坂46の他の記事はこちら↓

【Amazon.co.jp限定】ひなたざか (TYPE-A)(メガジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】ひなたざか (TYPE-A)(メガジャケ付)

  • アーティスト:日向坂46
  • 発売日: 2020/09/23
  • メディア: CD