オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

JAPAN JAM2020/5/4 [MON] 10:30- 夜の本気ダンス LOUTUS STAGE

5.4 [MON]10:30-11:10 LOUTUS STAGE
夜の本気ダンス

 

https://ro69-bucket.s3.amazonaws.com/uploads/text_image/image/321520/width:750/resize_image.jpg

 

※この記事は「もしも新型コロナが終息してJAPAN JAM 2020が開催されたら」という世界線での妄想ライブレポです

 

 JAPAN JAM初日。LOUTUS STAGEのトップバッターは夜の本気ダンスだ。出てきてすぐに鈴鹿秋斗(Dr)が集まった客に顔芸をしながら叫んでいる。しかし何を言っているのかわからない。オーディエンスも何を言われているのか理解できずに笑いつつも拳を上げて応える。いつも通りの光景だ。

 

「京都から来ました夜の本気ダンスです。早朝には似合わないバンド名だけど、みなさん踊る準備はできていますか?」とあいさつする米田貴紀(V&G)。今度は言っている意味を理解した上で湧き上がり拳を上げて応えるオーディエンス。

 

1曲目は『Crazy Dancer』。一瞬でダンスフロアになる。朝一とは思えないほどに満員になってる。後方まで踊らせている。『By My Side』のサビではシンガロングが起こる。このバンドの生み出すグルーヴは、朝だとしてもオーディエンスに本気のダンスをさせてしまう。

 

休憩する間も無くキラーチューン『TAKE MY HAND』を投下。本気のダンスはまだまだ続く。朝一で体力を使い果たしそうなオーディエンスがたくさんいる。後ろの方では肩車された女の子が笑顔で手拍子している。鈴鹿秋斗(Dr)は顔芸しながらドラムを叩いている。

 

『for young』『LOVE CONNECTION』と立て続けに演奏する。久々のライブだからかいつも以上に気合を感じる演奏だ。

 

「ありがとうJAPAN JAM!まだまだ本気ダンスしようぜ!」米田貴紀(V&G)が煽る。最後の曲は『戦争』。中盤「みなさん座ってください。上に飛べますか?本気ダンスできますか?踊れと言ったら踊れますか?」と煽る。歓声で応えるオーディエンス。変顔をする鈴鹿。「踊れ!」と米田が叫んだ瞬間、飛び上がるオーディエンス。

 

最後までひたすら本気ダンスをさせて颯爽とステージを去っていく。夜の本気ダンスは朝でも本気のライブがやれるバンドだった。

 

セットリスト 

1.Crazy Dancer

2.By My Side

3.TAKE MY HAND

4.for young

5.LOVE CONNECTION

6.戦争

 

↓他のステージのライブレポはこちら↓