オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれた思想の音楽コラムと音楽エッセイ

ぱいぱいでか美の音楽を真面目に聴いておすすめしてみる~レビューと感想~

Hatena Feedly

ぱいぱいでか美は存在感ある

東京イメージトレーニング許可局 (通常盤)

 

ぱいぱいでか美が何者なのか、自分はよくわからん。

 

有吉反省会などテレビではたまに目にするけど、それほど頻繁にテレビに出ているわけでもない。

歌も歌っているみたいだけど、歌手なのかアイドルなのかシンガーソングライターなのか。

これね、よくわからん。

 

実は、ぱいぱいでか美のライブを一度だけ観たことがある。

あれは大森靖子の主宰のライブだったと思う。

曲は悪くなかったし、ライブも盛り上がっていたし、楽しかった。

そして、オーラというか、存在感があった。

それはなぜかは、よくわからん。

 

でも、ジャンルとして何に当てはめればいいのかわからない。

とりあえずわかったことは、ぽいぱいでか美には他にない存在感があるということだ。

その存在感は、ぱいぱいの力だけでなく、音楽によるものも大きいように感じる。

 

ぱいぱいでか美とは

三重県出身。

ちなみに、本名は仲井 優希さんというらしい。

ハロプロにあこがれて歌手になることを夢見ていたらしく、音楽系の専門学校に入学。

そこでバンドを組んで活動をしたものの、解散。

その後インディーズで地道に活動し、ファンを獲得していったらしい。

 

2014年には大森靖子プロデュースでデビューし、名前のインパクトもあり知名度が拡大した。

 

そして今では歌を歌ったり、DJをしたり、テレビに出たりとマルチに活躍している。

ちなみに、ゲスの極み乙女。のバックバンドとして紅白歌合戦に出演もしている。

 

大森靖子プロデュースのデビュー曲(PAINPU)

↓画像クリックで動画になります。


ぱいぱいぱいチーム 「PAINPU」

 

デビュー曲の『PAINPU』

映像はバックバンドに来来来チームを従えてのバンドライブ。

なぜだ、少しかっこいいじゃないか。

そして、お客さんも楽しそう。

 

この曲の作詞作曲は大森靖子なのだが、完全に、ぱいぱいでか美にしか歌えない歌詞を提供している。

 

ぱぱぱぱぱーい 何も考えてないって思ってるでしょ

空気読んでるだけだよ気付いて

ぱぱぱぱぱーい 以外ちょっとも見てくれないなら

私じゃなくてね もっと大きい子の方へどうぞ

バイバイ

 

この良い感じの皮肉な歌詞はぱいぱいでか美が歌うからこそ面白さが100%発揮される歌詞ではないだろうか?

 

 名前を読んであげたくなる曲(私の名前を読んでください)

↓画像クリックで動画になります。


ぱいぱいでか美 「私の名前を呼んでください!」

 

『私の名前を呼んでください!』というタイトルの曲。

別におかしなタイトルでもないのに、このタイトルで歌ってユーモアを感じさせるアーティストはぱいぱいでか美ぐらいだろう。

 

作曲と編曲は元竹内電機の2名が結成したグループONIGAWARAが担当。

それだけあってポップスとしての完成度が高い。

作詞はぱいぱいでか美本人。

このタイトルでこの歌詞を自分が歌うと面白くなるということが確信犯的にわかっているのだろう。

セルフプロデュースが上手い。

 

わたしの名前をいつでも呼んでほしい

そう 今すぐ Call me! Call me!

 

この歌詞で面白さを感じさせるのはぱいぱいでか美だけだろう。

 

私の名前を呼んでください!

私の名前を呼んでください!

  • ぱいぱいでか美
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 本人が作詞作曲。ももちへの愛を歌った曲(桃色の人生!)

↓画像クリックで動画になります。


ぱいぱいでか美「桃色の人生!」

 

『桃色の人生!』という曲。

作曲もぱいぱいでか美本人が行っている楽曲。

実は作曲もできちゃうマルチな才能なのだ。

 

この楽曲は6月で芸能界を引退してしまう、嗣永桃子(ももち)への思いを歌った楽曲。

ぱいぱいでか美からももちへのラブソングなのだ。

 

これ、普通に良い曲。

曲もそうなんだけど、歌詞も良い。

 

愛ももちろん育った

お金ももちろん使った

泥まみれ粉まみれでも笑っていて

私ももちろん老けたな

あんま変わらないあなたの横顔を見て

キュっとなるの

痛いところにはやっぱリボンを結んで

 

サビの歌詞の表現が好き。

お金ももちろん使ったっていうリアルな表現なのに愛にあふれている。

 

あと、ぱいぱいでか美、良い声してるし、それなりに歌が上手い。

 

桃色の人生!

桃色の人生!

  • ぱいぱいでか美
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ぱいぱいでか美の音楽の面白さとは

ここまで曲を聴いてもらったならわかるだろう。

ぱいぱいでか美の楽曲の魅力が。

 

それは、ぱいぱいでか美のセルフプロデュースの力により、何を歌ってもオリジナルなものにしてしまうところだ。

 

ぱいぱいでか美という名前、ぱいぱいでか美のキャラクターにあった曲や詞になっている。

それらは、でか美以外が歌ったら魅力が半減してしまうような楽曲もある。

もちろん、自身が作詞作曲した曲だけでなく、提供された曲もそうだ。

提供者もぱいぱいでか美のキャラクターや方向性を理解したうえで、彼女にしか歌えない、彼女でなければ魅力が発揮できない楽曲を提供している。

 

ぱいぱいでか美は名前が面白いだけのタレントでなく、せるふプロデュースがきちんとできているアーティストでもあるのだ。

しかし、名前の知名度のわりにはCDはそれほど売れてなく、曲もあまり聴かれていないようだ。

ぜひ音楽の部分でもぱいぱいでか美に注目してもらいたい。