オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれた思想の音楽コラムと音楽エッセイ

オリラジ中田提案の転売対策はOTODAMA音泉魂の清水音泉がすでに実施されていた

Hatena Feedly

ファンが転売屋になる時代

 

最近のチケット転売事情がひどい!

 

チケットキャンプやヤフーオークションの登場により、今までヤクザみたいなやつらがやってた、チケットの高額転売が一般の人々が当たり前のように行うようになってきた。

自分が行けない公演のチケットを転売するようになった公演のチケットを譲る手段としては、使いやすいサービスではあるし、すべてを否定できるわけではない。

でもね、「行けなくってしまったので譲ります」とコメントをつけて定価以上の金額で転売する出品も少なくない。

 

つまり、ファンの転売屋になるという最悪の事態が起こってしまっているのだ。

今まで行われてきた転売対策

 

これまでも転売対策が行われなかったわけではない。

 

例えば、電子チケットだったり、入場時の本人確認など。

 

しかし、それも全てが上手くいっているとは言えない。

電子チケットでも分配はできるし、本人確認があっても同行者は確認がなかったり、本人確認があると知らなかったファンを狙って転売する転売屋もいたりする。

 

そして、転売対策として最も最悪なのが下のパターンだ。

 

f:id:houroukamome121:20170503150941j:plain

 

これは転売が確認された席に貼られていたらしいが、これは転売屋は全く損をしていない。

損しているのは、高い金額を出してでもその公演を観たいと思ったファンだけが損をするシステムだ。

 

このようなやり方では転売屋は減らないどころか、ファンが減ってしまうやり方ではないだろうか?

 

誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち

誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち

 

 

オリラジ中田の提案する転売撲滅システムとは?

 

PERFECT HUMAN(TYPE-B)

 

そんな転売対策で業界が悩んでいる中、オリエンタルラジオのかっこいいことに評判がある中田氏が新しい転売対策をブログで発表した。

 

それが、ジャストキャパシティシステムというものだ。

 

オリラジ中田のブログを読んでもらえばわかるのだが、少し長いのでどんな内容か概要だけまとめてみる。

 

・まずはチケットを販売して販売の初動でチケットの販売数の予測を立てる。

・その予測に伴って、キャパにあう会場を仮押さえする。

・最終期で席数を決めて行きたい人が全員行けるキャパの会場と詳細を確定する

 

というシステム。

このシステムがあれば、チケットを買いたい人は確実に正規のルートで購入ができるということだ。

 

今すぐにやろうとすると様々な問題点が出てくるシステムかもしれない。

 

しかし、これが実際に実現できれば、確かにチケットが欲しい人には全員にチケットがいきわたるシステムではないだろうか?

 

そして、なんとこのジャストキャパシティシステムを早くも実施しようとしている、イベンターがある。

 

それは、関西のイベンター、清水音泉だ。

 

清水音泉とは

 

関西を中心ライブ・コンサートを主催しているイベンターだ。

主にロックのライブを主催しており、単独のライブだけでなく、様々なイベントを主催している。

 

そして、毎年主催している『音泉魂~OTODAMA~』という野外フェスを泉大津フェニックスで開催している。

 

そして、今年開催する、『音泉魂~OTODAMA~』のチケット販売で、ジャストキャパシティシステムを取り入れているのだ!

 

今年の『音泉魂~OTODAMA~』の会場

 

先日、公式サイトやTwitterにて今年の『音泉魂~OTODMA~』の開催決定と会場が発表された。

 

 

今年の会場はいつもの泉大津フェニックスではなく『(仮)十三ファンダンゴ』とのこと。

どういうことかというと、十三ファンダンゴのキャパである250人よりも最初のチケットの申し込みが少なければ、本当に十三ファンダンゴで開催するという。

 

これって、まさにジャストキャパシティシステムじゃないですか?

 

 

そして、結果として、1254名の応募があったとのこと。

これにより、次は2000名キャパの会場を探しているとのこと。

 

ちなみにこのチケットの応募数は1回目のチケット先行での申込数。

公演日までにはまだまだ時間もあり、購入希望者も増えるだろうから、さらに大きなキャパの会場を探すことになるかもしれない。

 

これって、まさにジャストキャパシティシステムだよ!

 

メジャーデビューというボケ(初回限定盤)

メジャーデビューというボケ(初回限定盤)

 

 

ジャストキャパシティシステムはエンターテイメントにもなる!

 

この清水音泉の取り組みを見ていて思うことがある。

 

これ、ライブ開催までの間、会場がどこになるのかっていうのを見守って楽しむエンタメになってる!

 

まずさ、1万人規模で毎年やっているフェスの会場が250人キャパでやるってところから突っ込みどころ満載で面白い。

そして、どれだけ申し込みがあったかを発表して次の会場を探すというお知らせ。

これで、次の会場はどこになるのか、次の申し込みは何人になるのかということを見守ることで楽しめる。

 

転売対策もできるうえに、行きたいお客さんにはチケットが行きわたる。

そして、会場がどこになるのかというハラハラ感を楽しめるエンタメにもなる。

 

これはオリラジ中田は考えてもいなかったことだと思う。

 

正直、清水音泉のこれは最終的に泉大津フェニックスになるという茶番だとは思う。

でも、今回の清水音泉の取り組みとオリラジ中田のジャストキャパシティシステムの提案の時期がかさなったことで、新しくて面白いチケットの販売方法が世に提案されたのではと思う。

 

まだまだチケットの販売方法や公演の実施方法は新しいやり方やより良い方向があるということが、示せたのではないだろうか。

 

もしかしたらこれからより良い販売方法や、画期的な販売方法が発明されるかもしれない。

 

転撲滅のためにも、音楽ファンのためにも新しい取り組みをどんどん取り入れてもらいたい。