オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれた思想の音楽コラムと音楽エッセイ

『地獄で会えたらキスしてね』発売するみるきーうぇいがの代表曲をおすすめ

Hatena Feedly

確かに一般受けはしなさそうだけどさ

 

みるきーうぇいというバンド。

 

それほど有名ではないかもしれない。

正直、邦ロックファンの間でもあまり知名度はないかもしれない。

全国流通のCDもまだ1枚しか出していないからね。

 

歌詞はネガティブな表現とか、普通のJ-POPにはないような過激な部分もあるかもしれない。

でも、そのさらけ出しているところがグッとくるし、魅力を感じる。

みるきーうぇいというバンドは、好きになったらとことんハマってしまうバンドだと思うんだ。

これからもっと注目を集めていくバンドではと思う。

 

大人になるのはもうやめだ

 

みるきーうぇいとは

f:id:houroukamome121:20170501225112j:plain

大阪出身のバンドで、関西を拠点に活動をしているバンド。

メンバーは下記の2名。

 

伊集院香(ボーカル・ギター)

安福尚光(ベース)

 

ドラムは現在所属しておらず、サポートドラマーを入れて活動している。

 

”大人になるのをやめてしまったバンド”というキャッチフレーズもあり、思春期の頃の悩みや思春期の子たちの叫びを代弁して歌にのせているような歌を演奏する。

 

どの歌も歌詞が胸に突き刺さるように痛い。

ごまかすことなく感情をさらけ出しているような歌詞。

 

それがシンプルで荒々しい、ギター、ベース、ドラムの音にのせて歌われる。

その演奏も変に加工しておらず、生々しい楽器の音で、歌詞と合わさって余計に胸に刺さる。

 

そんなみるきーうぇい。

 

いくつかの楽曲がYOUTUBEにもアップロードされている。

 

カセットテープとカッターナイフ

 ↓画像クリックで動画が開きます。


みるきーうぇい「カセットテープとカッターナイフ」Music Video

 

みるきーうぇいの代表曲である名曲。

MVもショートムービーのようで観ていて飽きない。

 

最初の歌いだしのフレーズから引き込まれてしまうボーカルの声とパワーコードのギター。

そして、赤裸々で刺さる歌詞なのに、メロディはどこかポップで口ずさみたくなるようなメロディ。

そのギャップがみるきーうぇいの魅力でもあり、引き込まれてしまう理由かもしれない。

 

現在、全国流通版は1枚のみ発売しており、こちらの曲は”大人になるのはもうやめだ”に収録されている。

大人になるのはもうやめだ

大人になるのはもうやめだ

 

 

死にたくなるほど好きだった

  ↓画像クリックで動画が開きます。


みるきーうぇい「死にたくなるほど好きだった。」Music Video

 

MVは”カセットテープとカッターナイフ”から続いているような演出のMV。

曲の雰囲気も近い部分がある。

 

個人的には”死にたくなるほど好きだった”が一番好きな曲。

サビの畳掛けるような歌詞には衝撃を受けた。

ライブでも盛り上がりそうな曲。

 

ほんとは生きるのとてもつらい

  ↓画像クリックで動画が開きます。


みるきーうぇい「ほんとは生きるのとても辛い。」Music Video

 

曲のタイトルからしてせきららなタイトル。

聴いてみると、ポップにも聞こえる軽快なメロディとアレンジ。

 

しかし、歌詞はSNS世代で悩んでいる人たちの気持ちを代弁しているような心にグサグサ刺さる歌詞。

これをポップに演奏し歌いこなしてしまうからこそ、ある意味悩んでいる人たちを救っているバンドなのかもしれない。

 

こちらも全国流通盤の”大人になるのはもうやめだ”に収録されている。

大人になるのはもうやめだ

大人になるのはもうやめだ

 

 

  ↓画像クリックで動画が開きます。


みるきーうぇい「しんじゃえ」Music Video

 

これまたストレートな歌詞。

そしてパンクロックのような激しい演奏と早めのBPM。

かっこいい。

 

こちらの曲はアルバムには収録されていない。

数量限定のカセットテープに収録されていた曲。

在庫切れの店が多く、CDショップを周って探さなければなかなか見つけられないかもしれない。

 

今は手に入れることが難しい音源かもしれないけど、とてもかっこいい曲。

 

今のうちに注目しておかなければいけない理由

 

正直、まだまだ知名度もないインディーズのバンド。

でも、これから人気が出てくる可能性は高い。

 

実際数量限定のCDは完売しているし、7月には全国流通盤の新譜をリリースする。

注目される環境は整いつつある。

 

また、公式サイトでは自主製作盤も販売している。

もしかしたら自主製作盤は手に入れづらくなってプレミアがついてしまうかもしれないし、全国流通盤も在庫が減っているような感じだ。

 

今のうちにぜひCDも聴きこんでほしい。

 

7月には新しいCDも発売されるので、こちらも楽しみ。