オトニッチ-音楽の情報.com-

ニッチな音楽情報と捻くれて共感されない音楽コラムと音楽エッセイ

yonige(ヨニゲ)のさよならプリズナーなど名曲・代表曲・おすすめアルバムを紹介

Hatena Feedly

※2017年5月31日更新

寝屋川出身のyonige(ヨニゲ)とは?

 

巷で話題になっているyonige(ヨニゲ)というバンド、今のうちにチェックしておいたほうがいいですよ。

TOKYO FMの人気番組、SCHOOL OF LOCK!!(スクールオブロック)にも出演した。

 

2016年あたりから注目をされはじめ、2017年現在、最も勢いのあるガールズバンドの1つ。

 

巷では女版クリープハイプとか言われてることも多いけども、個人的にはandymori要素もあったりと、そのあたりのロキノン系ロックが好きな人には響きそうなバンド。

 

Neyagawa City Pop

現在のメンバーは2名。

牛丸ありさ(ボーカル・ギター)

ごっきん(ベース・コーラス)

 

4月19日にリリースされた『Neyagawa City Pop』が高い評価を得ている。

そのリード曲の『さよならプリズナー』が名曲だったので、ずっと聴いてます。

 

そこで、他の人気曲や代表曲や収録アルバムを紹介していこうかと思う。

Neyagawa City Pop

Neyagawa City Pop

 

 

アボカド(収録アルバム:Coming Spring)

 ↓画像クリックで動画が開きます。


yonige -アボカド-【Official Video】

 

YOUTUBEでは200万再生を超えている、yonigeの代表曲。

テレビ番組、関ジャムでもいしわたり淳二に歌詞が良いと紹介された曲。

 

この曲、たしかに歌詞が印象的。

 

タイトルのアボカドも印象的だし、バリバリバリバリバーンとう歌詞も1回忘れられない。

Coming Spring

Coming Spring

 

 

さよならアイデンティティ

 ↓画像クリックで動画が開きます。


yonige -さよならアイデンティティー-【Official Video】

 

こちらも上記のアボカドと同様、Coming Springに収録されている。

サビ以外はクリープハイプぽさも感じる切ないメロディと歌詞。

しかし、演奏はロックでかっこいい。

サビのメロディと歌詞も印象に残る。

 

印象に残るメロディやフレーズを大量に作れるのがyonigeの強みかもしれない。

 

Coming Springは人気曲がたくさん収録されているので、初めて聴くアルバムとしてはベストかもしれない。

Coming Spring

Coming Spring

 

 

あのこのゆくえ(収録アルバム:かたつむりになりたい)

 ↓画像クリックで動画が開きます。


yonige -あのこのゆくえ-【Official Video】

 

カントリーロックな雰囲気も感じるけども、ポップでかわいらしい歌詞の曲。

アルバムタイトルの”かたつむりになりたい”が歌詞のフレーズにも出てくる代表曲。

 

andymoriが好きだった人は気に入りそうな曲。

MVもかわいらしい。

 

個人的には一番好きなアルバム。

かたつむりになりたい

かたつむりになりたい

 

 

センチメンタルシスター(収録アルバム:かたつむりになりたい)

 ↓画像クリックで動画が開きます。


yonige「センチメンタルシスター」Official Trailer

 

ミドルテンポで聴いていて気持ちの良い曲。

J-POPよりの聴きやすい曲なので、普段ロックを聴かない人にも受け入れられそうな曲。

MVも凝っているので観てもらいたい。

 

こちらも収録アルバムは”かたつむりになりたい”

かたつむりになりたい

かたつむりになりたい

 

 

さよならプリズナー(収録アルバム:Neyagawa City Pop)

  ↓画像クリックで動画が開きます。


yonige「さよならプリズナー」【Official Video】

 

さよならプリズナー。

これもyonigeのアンセムになるような、代表曲になれるんじゃないかと思うようなかっこいい曲。

 

こちらも名曲なのでぜひ聴いてほしい。

Neyagawa City Pop

Neyagawa City Pop

 

 

our time city(収録アルバム:Neyagawa City Pop)

↓画像をクリックで動画になります


yonige / our time city Official Video

 

Neyagawa city popの1曲目に収録されている曲。

これもシンプルなギターロックだが、アンディモリを思い出させるようなポップで切ないメロディと歌詞。

 

 

今回の新作で注目され、フェスでも注目され始め、いっきにスターバンドになりそうなyonige(ヨニゲ)。

今のうちにチェックしておこう。